あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

永遠の定番ネイビースーツ スリーピースでオーダー

T様よりオーダーいただきました、ネイビー無地のスリーピーススーツが完成しました。
 
 
この時期らしい素材で、結婚式などのちょっとしたフォーマルシーンや、もちろん普段のビジネスでも着用できる1着に仕上がりましたのでご紹介させていただきます。
 
最後までお付き合いください。
まずは素材から。
 
 
 
 
HARRISONS  FINE CLASSICS 
 
 
“ファイン・クラシックス”は、スーツの聖地サヴィル・ロウで長年愛され続けてきた定番クオリティーです。
しっかりと織りあげられた肉厚なボディにより、イングリッシュ・ドレープを作り出す抜群のハリとコシと、一生もののスーツに相応しい耐久性が生み出されています。
実際に縫製に携わるテーラー達が高く評価するこれらの特性が、ビスポークスーツの伝統と文化を支え続ける名門マーチャント、ハリソンズに矜持を表しています。
若いビジネスマンに向けた都会的な色柄の数々が、コレクションに新たな魅力を加えました。
 
 
 
私も昨シーズン、同コレクションのブラウンカラーでスリーピース・スーツを仕立てました。
 
 
ファインクラシックスの中にも種類はいくつかあるのですが、今回お仕立てさせていただいた生地は表面がほんの少し起毛されたものです。
起毛とはいっても、フランネルとまではとても言えない程度ですので、秋・春のシーズンでも違和感なく着用することができます。
 
目付(重さ)が370gmsありますので、冬も当然問題なし。
少し厚手のスリーシーズンと捉えても良いかもしれません。
 
 
細かく言うと、1/4ミルド仕上げ(クォーター・ミルド・フィニッシュ)かと思いますので(この辺は明記されている訳ではありません)、クリアでもなくフランネルでもない、その絶妙な範囲で少しだけ起毛している、ということになります。
 
ちょっとマニアック過ぎましたね(笑)
 
デザインは極めてベーシックですが、ベストはショールカラーと少し凝ったものに。
 
 
 
T様は少しゆとりのあるテーパードシルエットのスラックスがお好みで、股上も深めに設計しております。
その為このフロントが水平にカットされたショールカラーベストとの相性は抜群であり、脚長効果も大いに期待できる訳です!
 
太めのラペルもT様のこだわり。
高めのゴージラインとも相性が良いですね。
 
 
 
ボタンはブラックの水牛釦を2mm重ねています。
 
 
パターンの特徴でもあるのですが、バストはボリュームを持たせており、ウエストに掛けての絞りが非常に綺麗にでております。
過去に数着オーダーいただいておりましたので、修正点は全くなし。
 
早速、ご友人の結婚式にて着用されたそうです。
 
 
 
昨今は薄手のスーツばかり流通しており、ファインクラシックスのように厚手の生地はオーダーでしか出会うことがありません。
 
その為こうした生地の魅力が伝わり辛く、最初は半信半疑のお客様もいらっしゃいます。
ですが、ご納品の際に実際に着用していただくと「これはいいですね!」とおっしゃっていただき、それ以降秋冬のシーズンは350g以上の厚さの生地でオーダーいただきます。
「すっかり虜になりましたよ」という声も少なくありません。
 
 
スーツはその季節に適したものにすることで本当の良さが分かってくるのだと思います。
 
冬には冬らしいスーツ、お気軽にご相談ください。
 
友だち追加

■LINE@始めました!

日々のブログの更新情報や、LINE@だけの特別な情報などを発信していきますので、
よろしければ是非ご登録ください。
ブログに対するコメントや、素朴な質問などもお気軽にお送りいただければと思います。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年10月26日
オーダースーツ ボットーネのブログ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly