オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツの生地

スーツのSUPER 〇〇’S(スーパー)表記とは?番手とは?

販売員も勘違いしている場合がある、SUPER ◯◯’s(スーパー・◯は数値)という素材の表記。
それと似ているが別の用語で、表記はあまりないのだが番手(ばんて)という言葉がる。

スーパーと番手は同じ?

実はこのスーパーと番手、スーパー120というのが120番手、というようにイコールではないのだが、同じものと解釈されている場合があるようだ。

オーダースーツ 素材

紛らわしいのでスーパーとは何の表記で、番手とは何のことなのかについてまとめてみよう。

スーパーと番手は違う単位

SUPER 〇〇’S(スーパー)は、番手と同じ意味ではなく、別々の単位だ。

ホーランドシェリーの生地
こちらが実際にオーダーする場合などで生地を選ぶ見本帳で、バンチブックと呼ばれるもの。
バンチ=束・群というような意味。

294000 というのがこの生地の品番で、
続いて270g こちらが1m×150cmあたりの重さだ。
その後にSUPER 100’sと表記されている。
これをスーパー100と読むわけで、今回のテーマになる表記だ。 

スーパーの数値が高いと何が違うのか?

このSUPER 170’Sというのは何を意味しているのか?

スーパー 生地 表記

スーツ生地はだいたいSUPER 80’Sから、10刻みでSUPER 90’S、SUPER 100’S、SUPER 90’S、SUPER 110’Sと大きくなっていく。
SUPERの数値が上がるとあるものが細くなる。
SUPER 100’SよりSUPER 170’Sの方が糸が細いのかといえばそういうことではないのだ。

それを説明するためにまずは番手から説明しよう。
番手という言葉の方が表記も見ないし、一般的ではないかもしれないが、
48番手、52番手、56番手、60番手、72番手、80番手、120番手、と数値が増えていく。

番手はSUPER 90’S、SUPER 100’Sと一律で増えてゆく数字ではないのだ。

番手は糸の細さの単位

番手が表しているのは、糸の細さ。

番手とスーパーの違い

恒重式(こうじゅうしき)といい、重量1,000gの綿を、何メートル伸ばせる細さか?が基準になる。
この、1,000gが固定されているため、恒重式という。

 例えば120番手なら、1,000gの綿を120,000m伸ばせる細さになる。

ではSUPERは何の細さ単位?

SUPERは、原料の細さである。

メンズ素材 仕立屋 講座5

原料自体の繊維が細いかどうかであり、糸ではないのだ。

SUPERは恒長式(こうちょうしき)という方式で、長さが固定で決まっていて、
数値が大きくなるごとに単位が大きくなる。

良いスーツの原毛

18.5マイクロンが100’sとなり、
18.0マイクロンが110’s、
17.5マイクロンが120’sという風に、原毛の繊維が細くなるとSUPERの数値が上がる。

SUPER ミクロン
SUPER80’s 19.5ミクロン
SUPER90’s 19.0ミクロン
SUPER100’s 18.5ミクロン
SUPER110’s 18.0ミクロン
SUPER120’s 17.5ミクロン
SUPER130’s 17.0ミクロン
SUPER140’s 16.5ミクロン
SUPER150’s 16.0ミクロン
SUPER160’s 15.5ミクロン
SUPER170’s 15.0ミクロン
SUPER180’s 14.5ミクロン
SUPER190’s 14.0ミクロン
SUPER200’s 13.5ミクロン
SUPER210’s 13.0ミクロン

だからSUPER 100’sより、SUPER 110’sの方が糸を構成している繊維が細いということだ。

リネン コットン 生地バンチ
ちなみにスーパー表記はウールだけで、コットンやリネンはスーパー表記をしない。 
 
 
ザ・ウールマーク・カンパニーが数字と統一した

このスーパーの表記は、1997年にザ・ウールマーク・カンパニーが数字の統一を行った。
スーパーという言葉自体はもっと古くからあるのだが、繊度とか数字などを明確にさせたのが1997年なのだ。

もともとはメリノ・ウールはファインウール、スーパーファインウール、エクストラファインウールなどと表現されていたのだが、実際問題よくわからなかった。
そこで、IWTO(世界の23羊毛工業国で構成する、国際羊毛繊維機構)とザ・ウールマーク・カンパニーがスーパー表示を統一して明確にしたのだ。

まとめ

番手とは、繊維の集合になった、糸の細さの単位。

SUPER 〇〇’Sとは、原料の繊維の細さの単位。

しかし、80番手と120番手、
SUPERもSUPER80’sとSUPER120’sがある。
だから混同しまうのだが両者は別物だ。

ハリソンズの生地

スーパーは原料の時点で決まり、糸にして番手表記になる。 

例えば、スーパー120の繊維長の原毛で、80番手の糸に仕上げるということもあるから、
どう味付けるかはまた別問題だ。

一概にこれらの数値が高いから良いというものではない。
繊維の白度といって、より白い方が綺麗な色に染まるし、
完成させる服にあった繊維長、番手がミックスした素材でなければいけないのだ。

こちらは関連記事



ホーランドシェリーの生地

もう惑わされない!同じSUPER120’sなのに、金額が違うのはなぜ?

スーツをオーダーするときに、生地には色々な数字が書かれている。
SUPER120’sなどと書かれている表記を見た方も少なくないと思う。
これは、原毛の繊維の太さ・細さを表している単位なのだが、同じSUPER120’sと書かれている生地でも、金額が結構違う場合が多い。一体、何が価格差の原因なのだろうか?
 
  • スーパーと番手の違い
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年2月18日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツの生地

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles