オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

なぜスーツの袖からシャツが出ていないといけないのか?雑誌が教えてくれない理由に迫る

松はじめです。

どの雑誌にも、本にも、スーツの袖からはシャツが1センチか、1.5センチほど出ているのが理想です。と書かれていませんか?

ジャケットの首からも、少しシャツが覗きますよね。

実は、明確な理由があったのです。

今日はシャツの袖がスーツのジャケットから出ていなくてはならない理由をご説明します。

この記事の目次

なぜスーツの袖から、シャツの袖を出すというルールが存在しているのか?

まず、シャツというのは素材はだいたいコットンだろう。

もともとはシャツ素材はリネンだった。

それに対して、スーツといえばだいたいの素材がウールではないだろうか?

ウールは洗えない

話は19世紀に遡る。

当時は現代のようにドライクリーニングは存在しなかった。

スーツを自分でじゃぶじゃぶと水洗いしよう!と思う方は少ないと思う。

洗うことはできても、その後プレスをしてしっかり仕上げなければならない。

水洗いをすれば縮んでしまうという問題もある。

ドライクリーニングはあくまでも溶剤で汚れを落とすので、水につけなければ縮むという問題は考えにくい。

水洗いを行うクリーニング店もあるが、よほど優秀なプレスマンが必要だ。

ということで、昔も今もスーツを洗うという発想はあまりないのではないか。

シャツは洗える

シャツは洗える。

今でもシャツは自宅で水洗いする、という方は少なくないのではないだろうか?

19世紀もシャツは洗っていた。

ただし、今とはちょっと違い、糊(のり)をふんだんに使って仕上げた。

リネンのシャツがテカテカするほどに糊を使って、バリバリに固いシャツが仕上がる。

それは、シャツ生地を汚れから守るため、糊に汚れをつけるため。

あまりにも糊の効いたシャツは、水でじゃぶじゃぶ洗っても落ちない。

落ちないので、釜で茹でて糊と一緒に汚れを落としていた。

余談だが、これがハードボイルドという言葉の語源だ。

汚れないようにスーツよりシャツを長く仕立てた

洗えるシャツに対して、洗えない(洗わない)スーツ。

だから袖や首の汚れやすい、肌に付く箇所というのはシャツを出した。

こうすることで大切なウールのスーツ(当時は燕尾服など)を汚れから守ったのだ。

つまり、シャツをスーツの袖から1センチ出すことはファッションでも何でもなく、汚れないようにする現実的な術だった。

男の服は、全て論理で成り立っているのだ。

シャツは下着

昔も今も、英国ではシャツは下着(アンダーウエア)という認識だ。

今でも、ロンドンの一流レストランで上着を脱ごうとすると、ボーイに止められるのはそのためなのだ。

とにかく下着を人前で見せない。

見せないためにいろいろな手をつくした。

まず、ベストでできるだけ隠す。

それでも胸から見える部分は、別の生地を貼った。

これがタキシードを着る時のシャツについている、シャツのプリーツの正体だ。

見せても良い2つの箇所

ただし、そんな下着の中でも衿(カラー)と袖(カフス)だけは見せても良かった。

そういった理由もあり、汚れないようにという実用もあって、シャツの袖はスーツのジャケットから少し出す、という風になっている。

スーツはできるだけ汚したくない

最近ではTシャツにスーツやジャケットを合わせている姿を、カジュアルなスタイルで見かけることがある。

実践したことがある方はわかると思うのだが、ジャケットが首、手先に直接触れるから、黄ばんでしまったという経験はないだろうか?

大切なスーツやジャケットはできるだけ汚したくはないもの。

良い仕立てのスーツは、何年も着られるし、着込んでいくと味が出る。シャツがスーツの袖から出るようにしておきたい。

まとめ

スーツのジャケットの袖からシャツが少し出る。

これはファッション性やルールというよりも、洗わないウールのスーツ(燕尾服・ラウンジコートなど)を守るためのアイデアだった。

首も同じ理由から、スーツからシャツが出ている。

こんな風にスーツのデザインやルールと説明されていることには全て理由がある。

スーツは長い歴史があり、文化である。

知って着てみると、もっと面白い。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月10日
スーツの着こなし術 | ジェントルマンの知識
タグ:,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles