オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

グレーのオーダースーツ 8年お仕立てさせていただいているI様

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

本日はかれこれ8年のお付き合いとなります、I様にご登場いただきました。

秋冬のフランネルスーツに続き完成したグレーのウーステッド・スーツです。

最初は偶然インターネットでこちらを見つけていらしていただいたI様。

体型が小柄でいらっしゃるため、既製品ではなくオーダーでと探して予約をいただいた。

今回は、春夏らしいグレーのソラーロ。

イタリーの生地を取り寄せて誂えた1着。

ソラーロのスーツというと玉虫色というイメージかもしれないが、こちらはグレー。光の角度で色が変化する個性的なグレーのスーツ。

ボタンは貝ボタンを採用。

ネイビーやボルドーのネクタイと合わせたい。

ウエストラインは程よくシェイプ。バストとウエスト、お互いのベストバランスを見つけ出していくことで、理想的なカーブが描ける。

なんとI様、8年前よりも一段とシェイプされたそうだ。

実は3年前からフルマラソンに出ていらっしゃる。ついに今年は平均と言われる4時間半を切って走りきったという。

きっかけは職場の同じ年齢の方が走っていたところ、刺激を受けて参加したのがきっかけだそうだ。

いつまでもスーツスタイルが似合うジェントルであるために、トレーニングする。着こなしだとか、コーディネートだとか、もちろんそれも大事だ。だが、スーツやジャケットのフィット感を高める。

それにはオーダーはもちろん最適だ。

だが、贅肉のないボディを維持し、似合う服を着る。これもまた大切だ。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年8月3日
オーダースーツ | クライアント

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles