オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

タキシードはなぜディナージャケットと呼ばれるのか?燕尾服から変わったカウズ島での食事の話

松はじめです。

タキシードというと、特別なパーティーに着て行くイメージでしょうか?

タキシードという名前は、アメリカで呼ばれる名前です。

英国の呼び名は、ディナージャケット。
その名の通りディナーの時の服と考えることもできます。

ディナージャケット(タキシード)はもともとタバコ用の服でした。

それがある日、ヨットの上で食事用に変化します。

そこから、ディナージャケットと呼ばれるようになります。

一体何があったのか?ご説明したいと思います。

この記事の目次

エドワード7世が仕立てたスモーキングジャケット

1860年、英国皇太子(エドワード7世)は、サヴィルロウのヘンリープールというテーラーで、シンプルなダークブルーのスモーキング・ジャケットというタバコ用の服を誂えた。

普通はテーラーを呼ぶことはあっても、街に皇太子が出かけていって、服を注文するなど異例なことだ。
エドワード7世は誤解を恐れずにいえば異端児だったといえる。

そもそもその当時の夜の服は燕尾服。

今のスーツの原型といわれる、ラウンジコートが登場して間もないころだ。

食事の時は、ガチガチにプラスチックのように固いウイングカラーのシャツを着て、燕尾服で身を固める。

シャツの袖もガチガチに固いため、ダブルカフにする必要すらなく、シングルカフスなのにダブルカフスのように見える。

堅苦しいディナーを終えると、タバコを愉しむ。

ラウンジルームでは、ついさっきまで着ていた燕尾服の上着だけを脱いで、スモーキングジャケットという短いショールカラーの部屋着に着替えてタバコを愉しむのだ。

スモーキングジャケットを食事の服にした

英国皇太子エドワード7世は、カウズのヨットで過ごすのがとても好きだった。

カウズは、ワイト島にある避暑地。

英国の中では南に位置していて、ヨットレースが有名だ。

ここに昔は英国王室専用ヨットが停まっていた。

エドワード7世はその年もヨットにやってきた。

ヨットの上で、食事をする。

ところで、エアコンもない時代の真夏、ヨットはいささか暑かった。

そこに、ヘンリープールで仕立てていたスモーキングジャケットに目がいった。
いつもは燕尾服だが・・・まあヨットで食事する時くらいいいんじゃないか?

こうしてスモーキングジャケットは、ディナージャケットに発展する。

真夏の1890年代、カウズのヨットの中で食事するときに、本来タバコを楽しむ服だったスモーキングジャケットは食事の服として着られた。

こうしてタバコ服は燕尾服よりも略式の食事用の服になって、ディナージャケットと呼ばれるまでになっていく。

ちょうどその頃アメリカでは、高級住宅街タキシード・パークで行われたタキシード・クラブで、同じスモーキング・ジャケットが着られていた。

アメリカではタキシードという名前がスタンダードになったというのだ。

ディナージャケット まとめ

英国皇太子は、スモーキングジャケットを、真夏のヨットの食事用の服に採用した。

エアコンもない時代、ヨットの上での食事くらい燕尾服を着なくても良いのではないか、と。

こうして燕尾服よりも略式の食事(ディナー)用の服として、ディナージャケットが誕生する。

洋服には歴史と文化があるが、こんな風にディナージャケットが誕生したなんて考えただけでも面白い。

最後に、アメリカではタキシードパークで行われたタキシードクラブで、同じ服が着られたためにタキシードという。

くれぐれも英国ではタキシードと呼ばないように。

さて、明日は何着よう?

あわせて読みたい。
スモーキング・ジャケットをイギリスで見た、あるアメリカ人が着た服がタキシードになった話

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月1日
フォーマル | オーダータキシードの歴史
タグ:, ,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles