オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ナチュラルクリーン&鈴木誠二氏のプレス研修

オーダースーツの中縫い 鈴木誠二氏がナチュラルクリーン中田 代表

ナチュラルクリーン、中田代表の中縫いを、鈴木誠二氏が。
王子褒賞受賞の鈴木先生が、ナチュラルクリーン中田代表の服を作る、
そう聞き、これは学ぶとともに、取材せねば!
確かそんな話になったのは、まだ残暑残る季節。

ついに新年を迎える12月に、
いよいよ中縫い。
素材の選定、選択から、仮縫い、さらに再仮縫いがあって、今回の中縫いとなったはず。

7Q6A8140

それにしても丸縫いのフルオーダーというのはすごい。
フルオーダーと謳っていて、ここまでやる店は現在の日本にどのくらいあるのだろう?
ある縫製工房に聞いたところ、パターンを制作したらフルオーダー、パターンに少し手を加えただけでもフルオーダー、そんな風に今やフルオーダーと呼ぶ価値があるのか?という程フルオーダーと謳った店舗も増えたようだ。

それはまったく否定しないが、
鈴木先生は手縫い、パターン制作はもちろん、芯の制作まで行う、
事実上のビスポーク、ハンドメイド。

そこにかかる時間と手間暇、
経験、勘、そうしたものを目の当たりにし、
そして今回この中縫いは、もはや工芸だった。

言葉が出なかった。

7Q6A8120

そして、このナチュラルクリーンの中田代表が、面白い。
すごい、という言葉で表現したくない、人間国宝のような方。
鈴木先生のような方を巻き込んで、ナチュラルクリーンを鈴木先生が監修しているという、
そしてそこに参加させていただいているご縁を頂戴している。

今回は先祖供養についてのありがたいお話がランチタイムにあった。
中田代表は住職でもあられることもあるが、
ご先祖様、私は大切にできていたであろうか?

大切にされていない、ないがしろにされている、
そんなご先祖が多いのだそうだ、
実際私は大切にできていただろうか?と問われれば、
母のご先祖について、これっぽっちも知らなかった。

自分自身、毎度行くたびに気づきがあり、
役割に目覚めるような思い。
プレスについてはよくわかりませんが、
鈴木先生とナチュラルクリーンのプレス技は本当にすごいとしかいいようがない。

それに毎回行くたび、
うちのクルーたちの目が輝きだす。
楽しい!
いつも小寺もそういいます。

鈴木先生を捕まえては、話さない、質問攻め、
中田代表がつけたあだ名「すっぽん小寺」がしっくりくる。

ちなみに私のあだ名は、「ボンボン」だそうで、
妻が妙に納得していた(笑)

スーツケアについての質問は99個中4個しかできなかったが、
次回も楽しみだ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月18日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Event