オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

スーツの裾はダブルで結婚式に行かないで!シングルが正解なのはなぜ?

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

スーツの裾が、折り返しのダブルになっている仕様はお好きな方も多いのではないでしょうか?

この仕様で、結婚式に行ってはいけない!というのはご存知でしたか?

ルールだから?いや、理由があるのです。なぜなんでしょう?

この記事の目次

結論!スーツの裾 ダブルはカジュアル

結論からいえば、スーツの裾のダブルはカジュアルな意味を持っている。

それは、もともとボート遊び(カジュアル)の時のスタイルだから。

だから、結婚式などの式典ではシングルの方が良い。

これは辿っていくと深いので、詳しくご説明しよう。

スーツの裾には、シングルとダブルがある

パンツの裾 ダブル

スーツなどのパンツの裾の仕様には、シングルやダブルがある。
ダブルというのは、折り返された仕様で、

・ターンナップカフ

・ターンナップス

ともいう。

また、専門的には、

・マッキン

・カブラ

と呼ぶ。

ちなみに、シングルもダブルとは日本での呼び名(和製英語)なのだ

松はじめ
この記事ではわかりやすく、ダブルと呼ぶことにします。

ダブルはどうしてカブラと呼ぶのか?

ダブルのことをカブラと呼ぶ

明治初期に、日本の洋服師はこのターナップに出会う。

しかし、このターップス(ターップ)の意味がよくわからなかった。

そこで英語に精通した先生に聞いてみることにした。

洋服師「先生、ターップとは何でしょう?」

先生「ターニップとは、カブラのことじゃ。」

洋服師「なるほど!カブラ(蕪)でございましたか!

こうして、カブラという名前になったのだった、
ターナップを、ターニップと発声してしまったがために。

松はじめ

現代のように紙に書いて伝達したり、メールなどの文章でコミュニケーションを取る時代では考えられないような話ですが、外国と言葉でやりとりをしていたためにこんなことが起こるのです。

他にも、ワイシャツという言葉も、

「ホワイトシャツ」という言葉を「ワイ・シャツ」と聞いてしまったことからはじまっているというのも有名な話ですね。

スナップボタン留めと糸留め

ダブルの裾のスナップ留め

スナップ・ボタンで留めてあるもの(スナップ留め)や、糸で留めてあるもの(糸留め)がある。
写真がスナップ留めのダブルの裾を広げたところ。

■糸留め

すっきり綺麗な見た目、ただしブラッシングはしづらい

■スナップ留め

ブラッシングがしやすい、しかし厚みがある分少し浮いたような感じになる

松はじめ
私としては、スナップ留めはあまり好きではないのですが、意外と埃が溜まりやすいため、ブラッシングしやすいスナップボタン留めにしておくというのも一つだと思います。

フォーマルの場面ではダブルの裾はNG

このダブル、結婚式にお呼ばれした場合なども含めたフォーマルの場面ではNGとなる。

例えばフォーマルの最高峰、燕尾服やモーニング、それからタキシードなどの服ももちろんシングルになっていて、折り返されてはいない。

もしスーツを着て結婚式に行く場合でも、ダブルを選ばない方が良いのだ。

松はじめ
ただし、唯一例外のケースがあります。知られざる話ですが・・・

それもこの記事の最後でご説明します。 

ダブルの裾のはじまりはボート遊び

1897年、英国でボート遊びが流行った。

ブレザーにカンカン帽を被り、テムズ河はボートでいっぱいだった。

テムズ河は長い、そして幾重にもダムのようにせきとめられていた。

そこを、4日くらいかけてボートで楽しむボート旅行だ。

空気も良い中、ボート漕ぎは体力も使うから運動もできて静けさも楽しめる。

途中途中、そのせきとめられた箇所にはホテルやレストランもある。

自由に水辺でキャンプするのもいい。

松はじめ
ボートの三人男という本をご存知ですか?

独身男性3人のボート旅のトラブルとハプニングを描く、英国ユーモア小説。

表紙を見るだけでもボートに乗る時の服装の雰囲気が伝わってきますよね!

ボート遊びができる身分というアピール

さて、男性たちは白いフランネルのパンツを履いている。

夏でも、基本的に白のフランネルだった。基本的にスポーツをするときは、白いパンツを着用しなければならないのだ。

スポーツは、白で統一しなきゃいけない!!
という面白いエピソードがある。
実際に英国に行って注意されたこんな話・・・

関連記事:ルール!なぜテニスではピンクの下着がダメなのか?

白いパンツを履くといっても、夏でも白い薄手のスーステッドウールがないので、夏でもフランネルだった。

白のフランネルのパンツは、汚さないように、そして足さばきを良くするために裾をサッと折り返した。これがスーツの裾のダブルのはじまりだ。

ボートを降りると、折り返した部分は元に戻したが、ボートで遊ぶということ自体が粋だったため、さりげなく戻さなかった紳士もいたのは想像に難くない。私はボート遊びをするほど余裕のある身分なのです、というさり気ないアピールではないか。

ちなみに、こんなユニークな話もある。

とある雨の日、ファッショナブルな英国紳士がアメリカのパーティに駆け付ける。

なかなかファッショナブルな英国紳士は、スーツの裾を濡らしたくなかった。
それで、その時一時的に、履いていたパンツの裾をロール・アップして、濡らさないように歩いていた。

そうしてパーティ会場に到着したのだが、
うっかりこのロール・アップを解除するのを忘れ、そのままパーティに参加した。

それを見たアメリカ紳士たちが、
素敵な新しい英国ファッションに違いない、と噂し、
新聞記者がその風景を撮ったものだから、広がった、という話だ。

ボート遊び=カジュアルパンツ

さて、なぜ結婚式などの式典をはじめとする、フォーマルのシーンではこのダブルの裾はNGなのだろう?

モーニングコートの時に履く、コールパンツやタキシードのパンツも裾がダブルになっているものは見たことがない。

ここでボート遊びについて考えてみると、屋敷での食事や公式なパーティーではなく、ボートという屋外の遊びの際から始まったパンツのダブル。

ということで、フォーマルな場には相応しくないということなのだ。

ただ単純に、

・ダブル=結婚式で履くのはNG

と考えるよりも、どうしてそういう風に着られているか?という背景がわかると、面白い。

それでは、シングル、ダブル、それぞれどんなメリットがあるのだろう?

ダブルのメリットは?

まず、重みをつけて裾を綺麗に落とせる。

薄手の夏スーツに有効だ。
夏スーツの生地は薄いので、裾に重みをつけて、パンツの裾のたるみを少なくし、シルエットを美しく魅せる効果がある。

また、最近ではパンツの裾が細くなったため、
裾が長めだとクッション量が多くなり、もたついた印象になる。
そこで短めの丈、特にカジュアルの場合はパンツの丈が極端に短いトレンドになっているのだが、
この場合に裾をダブルにすると、バランス良く見える。

ここがポイントだが、カジュアルな印象が強くなる。

カジュアルなチェック柄のスーツの裾などは、ダブルにしてみるとカジュアル感が出る。

シングルのメリットは?

ダブルよりも足が長く見える。

そこまで影響はないようにも思うが、ダブルの折り返しが大きいと確かに感じる部分ではある。

そして、フォーマルに対応できる。

ダブルの幅もいろいろ

パンツのダブルの幅

実は、ダブルの幅もいろいろなものがある。

既製服では、4センチ〜4.5センチの設定が多い。

折り返した部分が長ければ長いほど際立ち、足の長さの見え方が変わる。

オーダーでスーツを仕立てる場合などは、身長とのバランスでダブルの長さも作り手を話してみても面白い。

松はじめ
私たちも、オーダーでの服を提案する時に、場合によっては3センチや3.5センチという既製品ではあまり見かけないダブル幅をご提案させていただくこともあります。

長身の方でない限り、ダブルの幅は短めの方がスマートです。

シングルの裾からダブルの裾に修理できる

ちなみに、シングルの裾でも裏側に折り返された部分がある。

この部分を使って、ダブルにすることもできなくはない。

とはいっても折り返された部分だけでは足りないことも多い。

もし同じ生地があれば、表にダブルっぽく生地を縫い付ける、という裏技も存在する。

希望の場合は腕の良い修理屋さんに相談してみると良い。

唯一のスーツの裾 ダブルのフォーマル仕様

非常にマニアックな話だが、唯一、フォーマルのパンツなのにダブルがある。

それは、英国のイートン・カレッジだ。

エリート学校で知られるイートンスクール、ビクトリア時代に未成年にあたる15歳は、ハーフパンツを履いた。

16歳になると、長いパンツになる、これが当たり前だったのだが、イートン・カレッジだけはエリート養成のために、子供でも紳士の長いパンツを履かせた。

フォーマルで履くパンツも、エリート意識からダブルにした。一瞬の差別化ではないか。

まとめ

スーツの裾、ダブルはボート遊びから始まった仕様。

もともとがアウトドア仕様なので、結婚式などのフォーマルな場には向いていない。

だが、敢えてイートン・カレッジ流に、ダブルというのなら物語が生まれるだろう。

そして、ダブルという言葉は和製英語である。
ターンナップカフやターナップスというのだが、ターニップと解釈した日本人洋服師が意味を調べたら、カブラだということがわかって、カブラと呼ばれるようになった。今でも日本の職人でカブラと呼ぶ人は少なくない。

シングル、ダブル、それぞれメリットもあるし、ダブルの折り返し幅にもこだわってみると面白い。

ぜひ結婚式に出る時はスーツの裾は一度チェックしてみよう。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月16日
スーツの着こなし術 | TPO
タグ:

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles