オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツの生地

冬に着るとおかしなスーツ?スーツ選びは織りに注意

ネイビースーツ
スーツを選ぶということは、一緒に素材も選んでいるわけだ。
素材にはウールとか、モヘアとか、カシミアといった、どの動物の毛か?
紺かグレーかという色、無地かストライプかチェックかという柄などがある。
だが、忘れてはいけないのが、織り方なのだ。

ウールにも、冬に着るとおかしな織り方がある

メンズ ジャケット コーディネート

モヘアというのはアンゴラ山羊の毛で、通気性も良くさらっとしているため、
これは春夏のスーツに多く、冬に着ると少し寒々しい印象になるし、
カシミアというとコートをイメージするが、ウールとカシミアが混ざったスーツがあり、
これは秋冬向きスーツだな、というのは触っても着ても何となくわかるだろう。

しかしこれがウールになると、何となく通年着ることができるのでは?と思うのだが、
実は、ウールに限ったことではないが、いろいろな織り方があり、
これによって季節感も変わるのだ。

どちらかといえば通年向きの印象な綾織

スーツ生地の撚り方向

綾織り(あやおり)、別名ツイル(ツイルウィーブ)とも呼ばれる織り方。
斜めのスジが見えるのが特徴だ。
・・・もっといえば、この角度によってサージ・サキソニー・ギャバジンなどいろいろなものがある。
この綾織りにも種類があり、
まず、経糸(たていと)や緯糸(よこいと)が、何本上に出て、何本潜っているか?によって種類が変わる。

秋冬に多い、2/2の綾織り

 
秋冬に多いのが、2/2の綾という名称の綾織りで、業界ではニイ・ニイの綾、と呼ばれる。
例えば緯糸が、2本上に出て、次に2本潜る、そうしてまた2本上に出る、というように、
とてもバランスの良い基本形の綾織りだ。
しかもなんと、経糸の密度を変えると、綾目の角度が変化するのだ。

だいたい45度の綾を、サージ及びサキソニー、
それにギャバジンとか、カルゼというとても急な角度のものもある。

通年スーツ向きの2/1の綾

 

綾織り

その昔に比べて冷暖房が整った今、
オールシーズン着ることができる!というキャッチコピーでスーツが売られていることがある。
オーダースーツも、ある程度3シーズンかオールシーズンをカバーしたい、という要望もある。
本来は春、夏、秋、冬とそれぞれスーツを分けることができたならベストなのだが。

2/1の綾(業界ではニイ・イチの綾という)というのは、経糸が2本上に出て、1本潜るのを繰り返している。
こうすると面白いことに、緯糸は表に1本しか出てこないのだが、裏には2本出ている。
だから、表と裏とで色が違うのだ。

2/1の綾ではないのだが、紺色デニムの裾をめくると白いのも同じ理由だ。

2/1の綾といえば、サンクロス

 
サンクロスの生地

サンクロスという言葉を聞いたことはあるだろうか?
これは、表と裏とで色が違う性質を利用して、角度によって色が変わってみえるようにしている。
サンクロスを直訳すると太陽の生地、となるのだが、
この生地は玉虫色に見え、こういった生地をサンクロス(イタリアではソラーロ)という。

ソラーロの生地

表と裏でこんなにも色が違うという、2/1の綾のわかりやすい例だ。

2/1の綾は、平織りの軽さと、綾織りの多彩な表情。

この、経糸が2本出て、1本潜る2/1の綾が、
ここ数年特にスーツに使用されている。
そしてこの後説明する平織り(ひらおり)のような軽さがあるのだが、
さて、その平織りというのは・・・

バスケット状に交差しただけの基本形が平織り

 

スーツ生地の平織り

平織りは、1本の糸が、1本の糸と交差して出来上がる、
綾織りに比べてシンプルな織り方だ。
平織り(プレインウィーブ)は、1本1本の糸がしっかり絡み合い、
綾織りよりも耐久性が高い。
とても単純な構成だからスリップしづらいし、非常にメリットがある。
なのだが、これは、春夏に向いている節があるのだ。

夏スーツ、薄手シャツに多い平織り。

まず単純に1本ずつ交差するため、
通気性が良い。
トロピカルという言葉を聞いたことはあるだろうか?
トロピカルウール、ポーラー、
シャツだとブロード、ボイルなどが平織りの代表だ。

つまり、平織りは冬スーツとしては選ばない方が無難だ。

平織りにもいろいろある

 

平織りのスーツ生地 マット

単純に1本ずつ織る平織りに、どうやったらバリエーションを増やせるのか、と考えてしまいそうだが、
実はバリエーションがある。
2本1セットの糸が、2本1セットの糸を飛び越えて交差する織り方だ。
2本1セットの束にした糸同士が交差した平織りを、斜子(ななこ)・マット(マットウィーブ)と呼ぶ。

オックスフォードシャツ地

オーックスフォードとシャツ地で耳にしたことはないだろうか?
これが斜子(マット)だ。

耐久度やシーンも考えて織りを選ぶ

 

ということで、冬は平織りスーツよりは、綾織りスーツがオススメである。
織りは良く見ればわかるから、しっかり目視で確認するか、
店員に尋ねてみれば良い。
耐久度やシーンも考えながら織りを選べば間違いないだろう。

  • サンクロスの生地
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年1月17日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツの生地

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles