オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
背広紳士の知識

なぜジェームスボンドは007 カジノロワイヤルでタキシードを着るのか?

007 タキシード

オーダーサロン ボットーネがお届けするスーツ・フォーマル通信。

カジノはなかなか日本では馴染みがないが、好きな方はいらっしゃるだろう。カジノ法案が可決されたのち、結局候補地はどうなっているのだろうか。大阪だとか、横浜だとか、その他長崎とも言われ、様々な地方が立候補しているようだ。

ところでカジノといえばカジノロワイヤルという映画はご存知だろうか。
ジェームズボンド主演の映画だが、カジノではタキシードを着こなしている。

しかしボンドは、なぜカジノでタキシードを着たのだろうか?

私が通っている銀座ファッションアカデミアの講師 服飾評論家 出石尚三先生は以前、モナコのカジノを見学したことがあるそうで、タキシードについてこうおっしゃっていた。

カジノとタキシード

カジノには1万円ゾーンもリミットなしゾーンも 

.

モナコに行くと、カジノがある。
いくらでも賭けられるところと、1万円からと、100万円からと、ノーリミットなど、5段階くらいに分かれているみたいです。

50数台の隠しカメラがあるので、ここではイカサマしないようにね!なんて冗談言ってた。
賭ける人と受ける人がいれば、1億賭けよう、ってのもある。

銀座ファッションアカデミア 専任講師 服飾評論家 出石尚三 先生

 

10000円からでもってところも、1万、100万も。
カジノ内でも様々なランクが存在するのだ。
さらにいえば、リミットなしで勝負することも可能という。
では一体なぜタキシードを着るのだろう?

手結びボウタイ

紳士として、フェアプレイの姿勢を服で表す 

. 

私たちは、ジェントルマンですよ、とブラックタイを。
一流のカジノではブラックタイでないと入れてくれない、これは世界各国共通です。
私は紳士でありますから。イカサマしませんから、のような。

 

オーダータキシード

フォーマルの服を装う。
その日、その場に、改まっていく。
ノリの効いたシャツを着て、スタッドボタンで留める。ウエストコートのボタンを上から順番にゆっくりと留め、タキシードを羽織る。

鏡の前、いつもよりも改まった自分自信の姿と向き合いながら手結びのボウタイを締める。左右非対称だけど美しく。
胸には白いポケットチーフを挿し、オペラパンプスに足を通し、カジノへと向かった。それは誰のためだろうか。カジノに勝つための装いではない。道場で一礼をするように、紳士として、フェアにゲームする、その姿勢。

 

フォーマルウエアっていうのは自分のためじゃないんです。
社会的ルールをきちんと守りますよ、っていう意思表示のために着るのです。

 

肌を露出する女性とタキシードを装う紳士と 

.

さらに、出石先生によれば、どうして男性はきちんとブラックタイというドレスコードのとき、タキシードを装うのに、女性は肌を露出するの?というユニークなお話しをお伺いした。

デコルテとは

 

女性はなぜ肌を見せるのか?
それは、よりクラシックな時代の模倣を着てますよ、と。

デコルテっていうでしょう。
女の人、下は、トレイン、長ければ長いほど正装。
上半身は開いていれば開いているほど正装。

男はジェントルだから、女性の肩や肌を見ても、心惑わされません!
そういう一面もあろうか。
社会的な枠の、ルール作りのユニフォームなんだ。

 


女性が肌を露出する服装が正装だ、というのは、実は1つ前の時代を真似している。
1つ前の時代ではどれだけ暖房が効いているか?を競い合ったのだ。
寒い冬、うちは暖かいの。だからこんなに薄着でも良くってよ。お~ほほ。というわけだ。

そんな薄着女性を見たって惑わされないよ。という紳士的なスタイル。
実際には惑わされそうになったかもしれないが、タキシードを装っている自分の姿を思い出し、思いとどまったかもしれない。

人は制服通りの人間になる、とはナポレオンも良くいったものだ。
ということで、日本にカジノができる日を考えてタキシードを新調しておこうか。

さて、明日は何着よう?

合わせて読みたい

  • 007 タキシード
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年10月14日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles