オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

ボタンダウンにネクタイはおかしい?ノーネクタイ?実はカジュアルなシャツではなかった

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

ボタンダウンの襟というと、このように襟の先にボタンがついているシャツの襟です。

ボタンダウンはノータイ用なのでしょうか?

ボタンダウンはカジュアルのシャツ?結婚式にはおかしいのでしょうか?

クールビズのシャツといえばボタンダウン?

この記事を読めば、なぜボタンがついていて、どうやって着こなせば良いのかが3分でわかります。

この記事の目次

襟の先にボタンがついたシャツ

ボタンダウンのシャツとは、なんだか不思議なシャツだと思わないだろうか?

だって、襟の先にボタンとボタンホールがついているのだ。

ボタンダウンのシャツにネクタイを締めようと思ったら、毎回このボタンを外してネクタイを締めてから、また留めないといけない。

そもそもこれは何がきっかけで生まれたシャツなのか?

歴史を辿ると答えがあった。その答えに意味があるので、その意味を汲み取って着れば良いのだ。

ボタンダウンはポロ競技から?

服飾評論家の出石尚三先生にお伺いしたところ、ジョン・ブルックスというアメリカ人が、英国に行った際にポロ競技を観戦した。その時、ポロの選手は、ソフトカラー(柔らかい衿)で、取り外しのできない衿で競技をしていた。

その衿が革新的だったのだそうだ。

なぜだろう?こちらをご覧いただきたい。

こちらはシャツの衿だけが販売されている様子。

当時はデタッチドカラーといって、取り外しできる衿がスタンダードだったのだ。シャツは毎日洗うものではなかった。高級とされていたホワイト・リネンでシャツを仕立て、毎日洗濯できないため、汚れがつかないように糊付けをした。そのため衿などは板のように固かったのだ。

その後、アメリカのトロイ(Toray)のオーランド モンタギュー婦人が、鍛冶職人で毎日シャツを洗ってくれ、というご主人のシャツの洗濯があまりに大変だったため、あることを考えた。衿を切り離したて、汚れやすい衿だけ洗おうと考えたのが始まりと言われている。

1824年に工業化がスタート、これが後のアローカラーシャツである。

なんと革新的な襟なんだ!そう思いながらポロ競技を観戦した。

1895年に、接着された衿(アタッチドカラー)で、プルオーバーのスポーツシャツがあった。これはソフトな衿で、ソフトな袖だったのだ。おそらくポロ競技でも接着されたソフト衿のシャツを着ていたのではないだろうか。

こうして1896年、ポロ競技の襟から着想を得て、リネン素材で糊付きボタンダウンカラーのシャツをアメリカで売ってみたところ、大変なヒット作となったという。

ちなみにそのジョン・ブルックスは、ブルックスブラザーズの社長である。

後に、コットン素材のオックスフォード、糊もないシャツになる。

ブルックスブラザーズでは今でもボタンダウンの襟を、ポロカラーと呼ぶと聞く。

ボタンダウン シャツにネクタイは結ぶ

ニューヨークに本店を出店したブルックスブラザーズは、高等船員向けに既製服を作り始める。

英国の物を扱い始め、高級品店として認知された。

定番のNo1サックスーツ(シングル4つボタン)は元々は英国のスーツをオマージュして取り入れたもの。ブルックスブラザーズではレジメンタルタイを レップタイと読んだ。右下がりのストライプで、19世紀中ごろの流行だった。

例えばこちらが1921年のフィッツジェラルド、グレートギャッツビーの作者である。

スーツにボタンダウンシャツを着ている。フィッツジェラルドはプリンストン大学卒業生である。エリート8大学(アイビーリーガー)でありファッションに敏感な大学だ。

フレッドアステアも、右下がりのレップタイに、ボタンダウンシャツを愛用した。ブルックスブラザーズは英国の伝統を取り入れ、それを変えなかった。そしてそれほどアメリカにおいて英国への憧れも強かった。

1930年には、スーツにボタンダウンシャツという合わせが、上流階級で流行った。もちろんボタンダウンのシャツにはネクタイを結んだ。

1949年には、女性用のピンクのボタンダウンシャツが登場する。

ところでボタンダウンシャツというとニットタイを合わせるというイメージも強いと思う。

ドイツにアスコットというシルクのニットタイ専門店がオープンしたのが1903年。 私たちは実に100年以上の時を経て、ボタンダウンシャツを装っているというわけだ。

ブルックスブラザーズは革新的なお店だった

長年アパレルの企画に携わっていらした大先輩から教わったことがある。

それは当時のブルックスブラザーズはメンズストアでは比類無いイノベーションのお店だったということだ。

進歩的な考え方がお店のフィロソフィーで、結果的に伝統的と称されているが、ブルックスファミリーの時代は革新的で画期的なお店であったと。

その考え方を如実に商品化したのがボタンダウン(ポロカラ―)。

着脱式ハードカラーの時代に、接着式のソフトカラーという発想もそうだが、1890年ごろになって、最初に仕入れたのはハリスツイードのジャケットではないかといわれている。

ロンドンでも最新流行のハリスツイード。

1890年頃のロンドンの上流階級のいうならばお遊び、それをそのままブルックスブラザーズはアメリカに持ち込んだ。

ブルックスブラザーズはシェットランドセーターなど、ロンドンの最新流行も既に入れていたのだ。

ボタンダウン シャツはビジネスシャツ

いろいろな経緯があって、このボタンダウンシャツは、現代ではカジュアルスタイルに向いていると言われることがある。

だが、ボタンダウンシャツ開発は、あくまでもカジュアルシャツではない。

ビジネス対応のドレス用の白シャツだった。

後にこの襟型は、スポーツシャツに転用された。

つまり、ボタンダウン=カジュアルシャツではなく、フォーマルを除くビジネスシーンで着用するのはなんら問題がない、

ただしスポーツシャツに転用されたので、スポーティな印象を与えるだろう。

だから公式なビジネスシーン、重要な会談などでは避けた方が無難、という見解もあるのだが、実際のところスーツやジャケットに合わせるのも良い。

カジュアルシーンでシャツ1枚で着たい!という場合には、白かブルーのオックスフォードのボタンダウンシャツがあれば重宝する。洗いを重ねて、着込んだボタンダウンシャツをさらっと着てみてはどうだろう?

ボタンダウン シャツにネクタイを結ぼう

ボタンダウンにノータイはおかしいか?というとおかしくはない。

ただしそれはカジュアルスタイルの場合であって、スーツやジャケットを着るのならネクタイを結びたいところだ。

私(右)と一緒に写っているのは、私の先生である大西基之師匠である。ジャケットにブルーのボタンダウンシャツ、ブラウンのタイ。

IVYルックというと、簡単にいえば富裕層の通う私立大学ファッションで、普遍的なスタイルだ。そのなかではやはりネクタイを結んだスタイルが少なくない。

ボタンダウンを着る時の注意

ボタンダウンシャツを着るときにあまりおすすめしないのは、以下の着方だ。

・ボタンダウンの襟ボタンを外して着る

ボタンダウンシャツの襟のボタンを外して着てみては?と書かれた雑誌を見たことがある。

これは、かなり上級者でない限りボタンを留め忘れている・・・というようなだらしない印象を与えかねない。

ボタンダウンのボタンはしっかり留めておきたい。

この時、衿のロールが美しく出るのが良いボタンダウンシャツだ。衿はソフトな方が良い。

・ボタンダウンの襟穴の色を変える

クールビズが導入されてから、華美なデザインのシャツが増えたように思う。

わかりやすい特徴を入れないと売れないのと、デザイナー自身が服飾学校を卒業していても、アイビーやポロなど歴史については興味がないのかもしれない。

ボタンダウンのホールの色を変えてしまうと、その部分が際立って悪目立ちしてしまう。

ボタンダウン自体が特徴的なので、できるだけシンプルなデザインのシャツを選びたい。

ボタンダウン まとめ

ボタンダウンシャツは、もともとポロ競技の時に襟がパタパタしないようにするための工夫からヒントを得て生まれた、という説もあるが、ハードカラーで糊付けされた衿、着脱式の衿がスタンダードだった時代に、ソフトで接着式のシャツがスポーツ用に登場したのを、ブルックスブラザーズが目をつけて開発したシャツで、ポロカラーとも言われている。

当時のブルックスブラザーズは革新的なストアだった。その哲学はこのボタンダウンの襟に現れているわけだ。

そして、ボタンダウンシャツはもともとはビジネス用の白シャツとして開発される。後にスポーツシャツに転用されただけなのだ。

そのためスポーティなシャツという印象からで、カジュアル向きとされる節がある。

もちろんあくまでもフォーマルのシャツではないため、式典、結婚式、喪のシーンには避けるべきシャツではあろう。

また、ボタンダウンシャツがノータイ専用のシャツなどという事実はなく、ボタンダウンにネクタイをすることがもともとの想定であった。

ということでボタンダウンシャツを着こなしてみようか。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年7月6日
オーダーシャツ | シャツのデザイン
タグ:

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles