あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

イギリス(ブリティッシュ)のスーツとイタリアのスーツと日本のスーツの違い

松はじめです。

ブリティッシュスーツ良いな!

いやいや、ソフトなイタリアのスーツでしょう。

雑誌を見ても、英国のスーツはこうだ!イタリアはこうだ!と特集が組まれることも少なくありません。

ですが、本当のところは一体何が違うのか?

なぜ英国スーツは、耐久度が高い、鎧のようなスーツなのでしょう?

なぜイタリアスーツは、柔らかいのでしょう?

そして、日本のスーツの特徴は?

本日は、先日着こなし講義で語っていただいた血脇先生のお話しを元に、このあたりをご説明します。

この記事の目次

結論 そもそも考え方が違う

まず、イギリスのスーツは、30年着られる服。

これが根底にあります。

だから素材もしっかりしています。

長期間に渡って着るのですし。

ではイタリアは?

そこまでの耐久度はありません。

長期間着ることが根底にないのです。

これは文化の違い。

なぜそうなのか?を考えると見えてくるのです。

英国スーツを着るということは?

まず、英国。

いわゆるブリティッシュスーツ。

細かいディテールのことではありません、チェンジポケットがあるとブリティッシュですよね?とか、肩はこうですよね?とか、そういうことではないのです。

スーツの起源ともいえる英国ですが、

30年着れる服を仕立てます。

なぜなのでしょう?

英国人といえば、新しいものよりも古いものに価値を見出すから?

リペアしながら、子供へ継承するため?

そういった側面もあるかもしれません。

ですが、30年着るという前提を考えてみてください。

例えば20歳で、30年後といえば・・・

50歳!

20歳に誂えた仕立て服。

それを、50歳でも着られるように!という想定なのですね。

それは、何を意味するのでしょう?

20歳と50歳・・・・

そうなのです、体型を維持する必要があります。

服に身体を合わせる!

私も好きな考え方です。

私も20代の時に仕立てた服を、40代に入った今でも着ています(全部ではありませんが)

着ることができる・・ようにする。

多少の調整はあるにせよ、基本ベースの体型を維持する必要がある。

着ると、姿勢正しくしていないといけないようなシェイプした設計。

50歳になっても背筋を伸ばしていなければならない。

つまりは、自分自身への戒め、バロメーター、そしてそれは健康になるために服を着ているといえるわけです。

だから、そもそも素材も丈夫ですし固い、ということもあるわけです。

イタリーのスーツ

夏になると、川にぷかぷかとパナマハット が浮いている。

その年に着たハットを、川に投げ捨てる、という光景をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

イタリアのスーツは、先ほどご紹介した英国スーツに比べるとずっと柔らかい。

比べればずっと耐久性もありません。

そして、実際に数年しか着ないという方もいるわけです。

食べ物も美味しいですからね、常に体型を維持しているぞ!

というよりも、少しふくよかな紳士が多いような気もしませんか?

体型もあって数年で着られなくなるというのもありますね。

なぜこんなにも違うのでしょう?

それは・・

職人を守るため!といいます。

先ほどのパナマハット を川に投げるのもそのためです。

(日本人の感覚からすると、あぁ、もったいない・・と思うものでしょうか)

また、良い帽子を作ってくれよ!

そのために技術に、文化にお金を払うから。

こういう文化背景がある。

スーツが着られなくなった、だからまた仕立てを頼むよ。

それは職人の技に対してのオマージュ。

日本のスーツ

どちらも素敵な考え方です。

では、日本のスーツとはどうなのでしょう?

実は今、ヨーロッパは日本に注目しているといいます。

もっといえば、日本の服作りを学びに来る方が増えていると。

意外な感じがしませんか?

本場といわれるヨーロッパ、またアメリカからも、日本に行きたい!と。

なぜかというと、、、

日本人は良いとこどりをできるのです。

それはトヨタ自動車を見ても、ユニクロを見てもわかります。

自動車、洋服はもともと日本にあったわけではありません。

ですが、海外のものを取り入れて、器用にそれを作る。

改善を繰り返す。

それに、私たち日本人というのは我が国のスーツはこうである!!というポリシーのようなものはないのではないでしょうか。

(そもそも洋服、洋の服ですから・・)

英国であれば、我々の服はこうだ!というものがあるでしょう。

イタリーもしかりです。

日本は、良くも悪くも、そういう感覚がない。

バランス感覚にすぐれ、イギリスの良いところも、イタリアの良いところも取り入れているではありませんか!

まとめ

イギリス、イタリア、日本。

それぞれの文化があり、

スーツは育ちました。

30年着られる服を設計するイギリス、

職人を守ることを考えるイタリア、

良いところを取り入れる日本。

そして日本の服は世界から注目されています。

それはスーツもそうですし、デニムなどもそうですね。

もう一度価値を見つめ直してみても良いかもしれません。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

松 甫ライター:松 甫 詳しいプロフィールはこちら>> Twitter Facebook 表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2019年5月21日
ファッションアイテム | オーダースーツ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly