オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

スーツの起源はどこの国のどんな服?ラウンジスーツ・ラウンジコートの歴史を追う

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

私たちが着ているスーツ、一体いつ、どうやって生まれたのだろう?
もともとは何の服だったかご存知ですか?

この記事の目次

1864年の英国皇太子の装い

アレクサンドラ姫に長男が生まれた。その弟は後のジョージ5世だ。

これが、スーツの原型といわれる、初期のラウンジスーツ。

ジャケット・パンツ・ベストも揃った生地で仕立てられている。

(皇太子が流行のラウンジスーツを着ていることも異例なことだが、とにかく服好きな方だった)

スーツの起源の服はどうして生まれた?

スーツの起源は何だろう?

スーツの起源は、ラウンジジャケットという服だ。

1848年、ラウンジジャケットが生まれた。

もともと英国の貴族階級は、1日4回以上着替えをしていた。

なんと贅沢な、いやはやお暇なのか。

いや、そもそも暇なのだ!

古代ローマだってたくさんの奴隷に働かせて、上流階級はあまりにも暇だったから何かを研究したと言われている。

英国のこの時代も、貴族は大きい土地を持っている。
広大な領地を持っていて、何代にも渡って維持してきたのだ。
基本的には屋敷には働いてくれる人たちがたくさんいるし、働きたくても働けない身分だったのだ。

かくなる私も何か伝えたくてこうして書いてお伝えしているのだが、そんなことも許されるわけはない。
あぁ、それは退屈だ、1週間で飽きる・・・。

出石 尚三 先生

朝起きる。貴族はすることがない!

だから、散歩をするんです。それで、散歩するのなら、散歩の服に着替えましょうか、となった。

それから何をするか?馬に乗ったんです。

松はじめ
良い姿勢を保つための適度なスポーツが乗馬で、絶好の暇つぶしですね。
馬に乗る専用の服を仕立てておいて、ここぞと乗馬服に着替えたというわけです。

こうしてお茶の時はお茶の服と、何度も目的に合わせて着替える。
一番大事なのが夕食の時の服だった。

夕食の後に着る服にある変化が!

夕食をする時に服を着替えるというのは絶対だった。
お屋敷にはディナーベルというのがあり、執事がベルを鳴らす。

夕食の準備ができたのだな、と下の階に降りていく。
この時、男性は必ず燕尾服、女性はイブニングドレスを着なければならなかった。

さて、食事といっても現代の仲間でのディナーとは少し雰囲気が違う。
映画で観る貴族の食事のシーンはそうだが、静かに始まって、常に堅苦しい雰囲気が漂う。
もちろん下品な話などしてはいけない。

松はじめ

出石尚三先生によれば、男性は女性がいるところで、おヘソから下のことは一切話してはいけないとされていたそうです。

それに、女性がいる場合はワイン以外の強いお酒もだめ、タバコも禁止。
下手なことは言えない、ビジネス上の会食ですら耐えられない私には想像もできない世界です・・。

食後に男性同士でくつろいだ

堅苦しい食事はようやく終了だ。

早く過ぎて欲しい・・と思う時間はとても長く感じるものだ。

男性と女性はディナー後には別々の部屋へと分かれて入っていく。
女性はロウイングルームに向かい、男性はスモーキングルームに引っ込んだ。

ずっと堅苦しい雰囲気が続いていたが、ほっと一息。

いやーようやく男同士ですな(女同士)

本音で話せる!というわけだ。

勝手な現代的な解釈だが、あいつが可愛い、どう思う?というような話で盛り上がったのではないだろうか?
男性同士(女性同士)の会話は昔も今も。
それにここでしか話せない話も許される。

スモーキングルームでは、男性は葉巻をくゆらせて、強いお酒を飲んで、語る。

こうしてそれぞれ積もる話を楽しんだ。

ラウンジだけで着る簡単なジャケット(ラウンジジャケット)登場

ところで、このスモーキングルームは別名ラウンジルームとも呼ばれている。
ラウンジというとホテルのラウンジなどを思い浮かべるが、寛ぐという意味だ。

ようやく男性同士くつろごう、という時だ。
ところが先ほどまで食事をする時に着ていた尾っぽのついた燕尾服は、どうも座るのにも邪魔だし堅苦しい。
こうして、一時的にこのスモーキングルーム(ラウンジルーム)だけは、着丈の短い簡単なジャケットにしようじゃないか。となったのだ。

現代でいえば、ちゃんとスーツを着ていても、海外に向かう飛行機の中ではジャケットを脱いで、簡単にカーディガンでも羽織ろうか。というような感じだ。

こうして、いつしかそのジャケットのことはラウンジジャケットと呼んだ。

ラウンジジャケットの正体

そもそも、窮屈な燕尾服とは対照的に、ゆったりした服、ラウンジジャケット。

くつろぐにはゆったりしていた方が良い。

もともとは何の服だったのか?というと、ディサイドジャケット(またはトゥイルサイドジャケット)というスコットランドのワーキングウエア(労働着)だ。

作りも荒くて雑で、ラウンジジャケットの最初のころは労働服の名残りを残していた。

ラウンジジャケットがラウンジ以外でも着られるようになる(1860年)

1860年ごろになると、このラウンジジャケット、着てみるとなかなか良いな、と広がっていく。
座りにくい尾っぽがなくて、着やすい。
こんなに扱いやすい服なのだから、ラウンジルームだけではなく、少し外出するのにも使ってもいいんじゃないか?

少しずつラウンジルーム以外でもラウンジジャケットは着られるようになったわけだ。

松はじめ

現代で考えてみたなら、しっかりとした仕立てのスリーピーススーツに、ネクタイを締めて緊張した会食から解放された。

今夜は部下を連れて自宅に帰ってきた。

さて、リビングでシングルモルトで飲みなおそうか。

ネクタイを緩めて、上着を脱ごうか。そんな感じでしょうか。

お堅い燕尾服のジャケットだけを短いジャケットに変えたスタイル。

ラウンジジャケットはパンツとベストも同じ生地(ラウンジスーツ)になっていく

こんなリラックスできる服で、外で着ることも良いなんて、良い服があったものだ。

でも、それならいっそのこと上着、パンツ、ベストも一緒の生地にしてしまっては?

いちいちジャケットはジャケットの生地で、パンツはパンツ、ベストはベストの生地で別々に仕立てるほどでもないんじゃないか?

この時代に、スリーピースで一緒の生地で全部揃えて作ろう!という発想すらなかったのだ。
(モーニングスーツ)

今だって、冬のコートの生地と同じパンツが欲しい!と思う人は少ないだろう。
昔も同じ考えで、パンツの生地でジャケットを作ろう、なんてとんでもないことだった。

1890年のラウンジスーツ

1890年のラウンジスーツ。

ジャケットも、ベストもパンツも全て同じ生地。

シャツがウイングカラーからレギュラーカラーになった。

ホンブルグハットをかぶって、4つボタンで4つともボタンを留めている。

前のボタンの留め方も、いろいろあったのだ。

スーツの原型は小説の挿絵から読み解ける

シャーロックホームズという小説は、サ・ストランドマガジンという英国市民の読む雑誌に掲載されていた人気小説。シャーロックホームズシリーズの、ボヘミアの囚人という物語の挿絵には服装が描かれている。

松はじめ

作者はアーサーコナンドイル。

挿し絵を描いたのは、シドニーパジェット。

この挿し絵も評判になったようです。そしてここに描かれている服装は、その当時の読者も納得できる設定でなければいけませんよね。当時、実際にどんな服装をしていたのか?がわかる貴重な資料なのです。

・左の人:ボヘミア国王

・真ん中:ワトソン

・右の人:ホームズ

・場所:ホームズ自宅

・設定: ホームズは自宅にいる

・服装:フロックコートを着ている。

・設定: 変装して事件を探るべく街へ

・服装 ラウンジジャケット

シャーロックホームズ 赤髪連盟の服装

 

・左の人:質屋の店員

・右の2人:ホームズとワトソン

・設定:ホームズとワトソンは質屋の店員を怪しんでいる

・服装 質屋の店員はラウンジジャケット、ホームズたちはフロックコート。

松はじめ
スーツの原型になっている、ラウンジスーツ。最初はフロックコートとラウンジスーツが混在していたことがわかります。また、ラウンジスーツは、ほとんど今私たちが着ているスーツのようにも見えますね。

シングルスーツ>>ダブルスーツ

1908年のシアーズローバックのカタログ

中の仕立てがどうなっているか?がわかる。
アメリカの服だが肩もしっかりしている。

スーツの原型といわれるラウンジスーツだが、もともとはシングル。

もとはシングル

1890年にはシングルがほとんどだが、1920年あたりからダブルが流行になった。

実はシングルの方が原型なのだ。

スーツの起源 ラウンジスーツ まとめ

流行の服になったラウンジスーツ。

これがスーツの正体だ。

本来、服に限らずトレンドは生まれては、消えるもの。

ラウンジでくつろぐための、ある意味トレンドのような服だった。

もっといえば、それはスコットランドの労働着で、動きやすく作られていたからくつろぎ服に採用されたのだ。

トレンドだったラウンジスーツ(スーツ)は消えずに今もこうして国際的に着ている。

そもそもはとある島国で流行った、貴族のくつろぎの服が、いつしか紳士が着るスタンダードな服になった。
日本だってついこの間まで、着物を着ていた。
国民服を超えて、会社や特別な場面といえばスーツでしょう、というわけだから面白い。

ではスーツはなぜ世界の服になったのか?についても、またご紹介したい。

さて、明日は何着よう?

ラウンジコートや洋服の歴史については、服飾評論家 出石尚三先生の著書でも説明されている、内容の濃い一冊。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月29日
オーダースーツ | オーダースーツの歴史
タグ:, ,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles