オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

水色ジャケットはメンズで着こなしてもOK

7Q6A9939
今夜は東芝ダイナブックのロゴ・デザイナーであり、長野五輪のロゴデザイナーであり、
弊社のロゴも手掛けて下さったSさんと会食。

カルロバルベラ生地のアクラブルー、いわゆる水色のオーダージャケットは、
水色のシャツ、ブルーのシルク・リネンのジレ、タイもブルーのセッテピエゲで、
全体的にブルーや水色で合わせてみる。

ブルー

また今月から、
営業マン向けWebマガジン『営業type』(http://sales.typemag.jp/
の中で、
オーダースーツコンシェルジュ松はじめの「今月の1本」という企画があり、
私がビジネスマンにお勧めのネクタイ1本を毎月推薦し、
その1本は応募者1名にプレゼントになるのだという。

午後はその打ち合わせ、
それから面接と続き、
優雅にシエスタの時間とでも書きたかったが、
お昼もまだだったので隙間時間に”まい泉”のミニかつ丼(420円)を買いに出た。
この服装で弁当を買いに小走りか!と自分で突っ込みを入れていたが、
日本人は勤勉なのだ、と胸を張る。

このミニかつ丼はミニという割りに私にはちょうど良く、
ぱっと食べるにはピッタリなのだが、
しかし問題は復路で、
まい泉のビニール袋を持ってボットーネまで約5分だ。
トラッドなビニール袋はないものだろうか。

松はじめ

  • 7Q6A9939
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年5月16日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style