オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

キャメロン首相 辞任表明のスーツ

キャメロン首相 辞任 スーツ2

【欧州総局】欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国の国民投票は24日、離脱を求める票が残留を上回ることが確実になった。BBCなど英メディアが報じた。

英国のユーロ離脱については、
様々な意見があると思う。

オーダースーツの業界でいえば、多大な影響を受ける。
ポンド下落が進み、確かにさらにポンド安となれば、英国生地をはじめとする、
英国ブランドが安価に輸入できるというメリットはあるかもしれない。

しかしそもそもスーツの素材は、英国・イタリア・フランス・ベルギーなどの国があるが、
フランスのドーメル、ベルギーのスキャバルは英国で織っている素材が少なくない。

英国がユーロ圏から外れることで、
現在ユーロ圏で撤廃されている関税がかかるはず。
フランスのドーメル、ベルギーのスキャバルが、英国で織る、という行為に関税がかかるのだ。
そもそもこれまでも、ポンド⇄ユーロという為替の問題があったのだが。

そうするとドーメル、スキャバルなどの生地は、
それらを経て日本に入荷すると考えると、値上げが考えられる。

逆に、英国のブランドであるバーバリーでも、イタリア製ニット、フランス製香水などもあり、
これらも打撃を受ける。

もちろんEU離脱の英国側のメリットは、
ギリシャなどの、EU共通課題から一線を引き、
国内の経済強化に当てられるというメリットもあるとは思うが、
通貨はユーロに入っていないので、そもそもの影響はなかったのではないだろうか。

すると、やはり英国のプライドもあるのだと思うが、
長期的な視点では英断だったと思える日が来るのかもしれない。
例えば、別の見方をすれば、大企業の天下りを断ち切って、
独立するベンチャー企業のようにも見える。

 6月24日、英国民投票は、離脱派が約52%、残留派が約48%となり、離脱派の勝利に終わった。写真はダウニング街首相官邸前で記者に語るキャメロン英首相(2016年 ロイター/Phil Noble)

6月24日、英国民投票は、離脱派が約52%、残留派が約48%となり、離脱派の勝利に終わった。写真はダウニング街首相官邸前で記者に語るキャメロン英首相(2016年 ロイター/Phil Noble)

もちろん、再燃する可能性もあるスコットランド問題など、目が離せない英国の今後。
そんな折、英国キャメロン首相が辞任の意向と報じられた。
詳しいことは経済ジャーナリストにお任せするとして、
ここでやはり私が注目してしまうのは、服装だ。

キャメロン首相 辞任 スーツ3
ややブライトな飾り気のないネイビーのスーツ。
衿幅は細めなのだが、上衿が特徴的だ。
ブルー気味ネイビーのタイ。

キャメロン首相 辞任 スーツ4
このようなシーンでは、非の打ち所がない、
そんなスーツ・スタイルが望ましい。
表情通りのスタイルである。
色気も光沢もないネイビースーツと、この表情は、
全てを物語っていると思う。

ブルーが嫌いという人間は少ない。
あなたは青が嫌いだろうか?

海の色、空の色、落ち着く色だ。

経営者の方なら耳タコだと思う用語だが、
ビジネスでもブルーオーシャン・レッドオーシャンと言われ、
青い海、すなわち競合他者の少ない青い海で泳ぐべし、
赤い海、すなわち競合だらけの赤い海で泳ぐべからず、
という戦略上の表現(とういか戦略)がある。

また、ネクタイの呼称についても、
赤いネクタイはパワータイと呼ぶ。
赤いタイは民衆に強い決断をアピールするときに用いる。
反対に青いネクタイは誠実で冷静沈着な印象だから、
クールダウンを狙うときに用いる。

そう、今回は青だ。

このチョイスは、
世界が注目するかもしれないけど、
たまたま今朝、トーストを焼きながらコーヒーを飲んでいたら、
妻が用意していたのがこのタイだったしさ、、
そうそう、これ結構お気に入りのタイだからさ!

ではなく・・・
絶妙・巧妙なイメージ戦略に他ならない。
そしてシーン毎のスタイル構築は、盗んでおかない手はない。

最後に、EU英国離脱問題含む欧州と世界の課題の太い根っことは裏腹に、
キャメロン首相のネクタイは、意外と細かった。

  • キャメロン首相 辞任 スーツ2
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年6月25日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style