オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

チェック シャツをビジネスで着る!1分でオシャレになるチェックの着こなし コーディネートポイント解説

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

私はビジネスシーンでチェックのシャツを着ています。

みなさんは、ジャケットにチェックのシャツはどのように合わせていますか?

チェックのシャツはオシャレなんですが、うまく合わせないとなんとなく「おじさん」っぽくなります。

どうすればうまく着こなせるのか?について書いてみたいと思います。

この記事の目次

チェックシャツの柄の色を他のアイテムで使う

チェックのシャツは、何かの色の線で構成されている。

私が着ているのが、ネイビーとブラウンのチェック。

まず、チェック柄のシャツにネイビーが入っているので、ジャケットをネイビーにしている。

次に、チェック柄にはブラウンも入っているので、ブラウンのニットタイと、ブラウン(ややオレンジ・縁がブラウン)のポケットチーフで合わせている。

このように、チェックの色に何色が入っているか?

そこに合わせて、同じようなトーンの色を別のアイテムで取り入れれば、色のまとまりが出て、着こなしやすい。

チェック柄のシャツは色を拾ってトーンオントーン

チェック柄のシャツに入っている色を、ネクタイや小物などに取り入れれば、彩に統一感が生まれる。

パープルのチェック柄のシャツは、薄いパープルと濃いパープルの2色が入っている。

そこで、さらに濃いパープルのネクタイを合わせてみた。

こうやって同系色で、次第に濃くなる、次第に薄くなるといったグラデーョンを、トーン・オン・トーンと呼ぶ。

アズーロ・エ・マローネという技

ネイビーとブラウンの色合わせを、イタリアではアズーロ・エ・マローネと呼ぶ。

これはイタリアに限らず、ヨーロッパ全土で見かける色の合わせ方の基本で、魔法の組み合わせだと私は思っている。

そこで、ネイビーのジャケットと、ブラウンのネクタイ。

チェックの柄にもネイビーとブラウンが入っているものを合わせる。

ネイビーとブラウンの色の比率を半分半分に近づけるのが鉄板の着こなしだ。

アズーロ・エ・マローネは至るところに

アズーロ・エ・マローネというネイビーとブラウンの配色はいろいろなところで見受けられる。

このバッグもそうだ。

ネイビーのボディに上質なブラウンのレザーの配色のグローブトロッターというバッグ。

また、ネイビーのスーツにブラウンの革小物を合わせて様になるのも、こういった配色が関係している。

チェック柄シャツの着こなし まとめ

チェック柄のシャツは、なんとなく着ているという方も多いのではないだろうか?

カジュアルだからチェック柄のシャツを着る、という方もいらっしゃると思う。

だが、スーツやジャケットにただなんとなくチェック柄のシャツを着ると、おじさんっぽくなる。

そこで、色に着目してみてはいかがだろう?

・チェック柄に入っている色を、他のアイテムに取り入れる

たったこれだけで洒落て見える。

・同系色を合わせる着こなし トーン・オン・トーンを使う

・ネイビーとブラウンを使った着こなし アズーロ・エ・マローネを使う

これを加えれば、たちまちオシャレ上級者だ。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月2日
スーツの着こなし術 | コーディネート
タグ:, ,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles