オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

麻布テ○○○

クレリックシャツの着こなし
鮮やかな色のスーツに、
サックスのクレリックシャツで遊んでみた。
ダレスバッグとボタンの色がアクセント。

お陰様で昨日、今日も予約でいっぱいであり、
洋服一色だが、クライアントとは英国ユーロ離脱の話になることが多い。
外資系企業へ転職した方など、為替の影響で成果がダイレクトに変わるようで、
しばらく目が離せないところである。

さて、最近は手軽にオーダースーツを依頼できるお店も増えたと思う。
麻布○ーラーさんなどは、一度作られた方もいるのではないだろうか?
実際昨日も、○布テ○ラーで作っていて、という方が2人もいらした。

・・失礼、麻布テーラーである。(麻布さんすみません)

今回はコンセプトや理由があってボットーネに来てくださった、というだけの話で、
さらにいえば私は私で、良いと思う提案をいつも通り全力でするだけだが、
当たり前だが麻布テーラー内でも良いフィッターは確実に在籍していて、
そうした方に当たれば満足度は高まると思う。

かくなる私も、テーラーになる以前に麻布テーラー新宿南店に行ったことがある。
もちろんテーラーになるずっと以前だ。

あの当時、ビスポークの一張羅は持っていたのだが、
その(ビスポークの)1着を仕立てていただいたテーラーは、
こちらの要望に関してはまったく聞いてもらえず(伝えられる雰囲気でもなかった)
いつの間にか生地が決まっていた。

ビスポークのテーラーってそういうものなのか、
と思ったが、生地・ボタン・裏地はもちろん、2つボタンかどうかなど、
まったくヒアリングがなかった。
誤解のないように言っておくと、
なんと最終的に好みの1着だった。
偶然かもしれないが、スラント&チェンジポケットで、
なぜか私のツボを突いている、テーラーはすごい、と痛感した。

ただ、後々もう少し色々と自分なりにカスタマイズしたスーツが欲しくて、
それと麻布テーラーという名前に惹かれた。
名前がカッコいい!でも麻布にはないのか、と笑
田舎者の私が、地名の麻布からきている、という思い込みからの間違いだ。

こうして、私は恐る恐る新宿のビルのエレベーターに乗った。

エレベータードアが開いた瞬間に、そこにテーラーの風景が広がっていたから、
セレクトショップに入店するのとは違う緊張感が高まった。
予約もせず突然来店したため、テーブルで10分くらい待ち、
1人の店員が来てくれた。

スーツを検討している旨を伝えると、
すぐにカードサンプルが用意された。

20種類くらいのなかから、
千鳥格子の生地に惹かれたのを思い出す。

(カードサンプルとはこのようなサンプル。
小さな長方形台紙に、生地が添付されている。
生地の見本は、ブック形式になったバンチ/バンチブックや、
予め1着制作する分量を見越してカットしてある、着分(ちゃくぶん)などがある。)

私は結局その時は作らなかった、
カードサンプルを見ていても、イメージできなかったのだ。
当時のフィッターに辛口コメントを言えば、もう少し写真やリコメンドが欲しかった。
そういうスタイルの店ではないのかもしれないが、そのプッシュで常連になっていたかもしれない。
まぁ、今となってはの話である。

クライアントにも、スーツはいつも麻布テーラーで、
しかも○○のスーツは麻布テーラー池袋の誰に、○○は銀座店の誰に、
と使い分けている方がいる。
そうしてその方のコートは、ボットーネなのだ。
色々ツボがあるのだと思うが、物(クオリティ)もあるが、大切なのは人ということだ。

麻布テーラーの話の最後にもう一つ、

【ここ(ボットーネ)に来る前に麻布テーラーに行ったんです。
そうしたら、
あれ?どこかで見たデザイン・・・
と思ったら、松さんのブログ開かれてました笑】と、これまで3回くらい言われた。

以前スーツセレクトでアルバイトしていて、
うちに働きに来た子、
コナカでアルバイトしていて、やはりボットーネにアルバイトで入社した子も、
もともと代表のブログを個人的に好きで読んでいて、そこで知ったうんちくは、
お客様へのプレゼンテーションのなかで自然と使っていました笑、と言っていた。

そうか、
同業種でも見るものなのか!
一層きちんと書かねば。と思ったのを思い出す。
スーツ着こなしブログ

まぁさすがにこのページは見ていないだろう。

松 甫

  • クレリックシャツの着こなし
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年6月26日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other