オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

スーツの背抜き 総裏の選び方 背抜きはいつから?いつまで?

オーダースーツ グレー

昨日オーダーいただいたクライアントから、ジャケットを背抜きにすべきかどうか?という質問があった。
ジャケットとスーツ、色々と違うわけだが、おおむね夏のスーツというとに背中の部分に裏地がない、背抜きスーツが当たり前なのでは?というイメージの方も少なくないのではないだろうか。
これから夏に向けてどのようなジャケットの背仕様が望ましく、背抜き・総裏はそれぞれどのような基準で選べば良いのだろう。
また背抜きスーツはいつから着るもので、いつまで着るものなのだろうか?

 

そもそも総裏にはどんなメリットがあるか?

背を抜く、ということは涼しいというイメージがあり、その点から背抜きスーツという概念が生まれたのだと思う。

背抜き
スーツの背抜き仕様。
こちらはオーダーならではのなかなかインパクトのある裏地である。
と書いてみたが、My上着なのであった。

スーツの背抜き
アンコン仕様はこちら。
もう全体的に裏地という存在が消えている。そして実は生地をたくさん要する贅沢な仕立てだ。

さて、そこでまず考えてみたいのだが、裏地とは何のために存在しているのか?ということだ。

裏地の一番大きな役割は表生地を守ることではないだろうか。
例えば汚れとか傷みから守る。

スーツを脱いだとき、すっと横にたたんで置く場合に裏にして置くのが美しいとされるのは、表生地を汚さないためなのだが、つまりは裏は表の保護の役割があるということなのだ。
だから背の部分に裏地がある方が汚れや傷は表に響きにくい。

裏地の素材は昔の仕立て服だとシルクというのも多かったようだが、今はほとんどキュプラとかポリエステル、またはその混紡だが、とても滑りが良い。
滑りが良い、摩擦による劣化を軽減するという機能も裏地にはあるのだ。

関連記事:裏地の素材は

スーツの裏地には見た目を整える効果も

実は汚れから守るだけでなく、外側から見た時の印象も違う。

ナンタケッドレッドのパンツ

総裏のモヘア混ジャケットは裏地を入れて構築的に。

やはり裏があることでぴしっとしっかりとした印象にする、なんとなく重厚感があるのがわかるだろうか。
反対に裏地がない背抜きスーツは背がペラっとする。
なんだかあのペラっと感&スケ感がどうも苦手という方もいると思う。

それから、しっかり裏地が貼ってあるスーツの裏地は、表を整える効果もある。
例えば表生地というのはウールなどが一般的なスーツに使われる素材なのだが、ウールなどは伸び縮みする。
これは引っ張って伸びるとかそういうこともあるが、湿気などでも伸縮する。

梅雨時期と冬季で湿度が違うから、スーツの着用感が違うことがあるかもしれない。
こうして動く特性がある表生地、呼吸しているという表現がしっくりくるかもしれないが、表が動いたとき、裏地でぴっと整えているのだ。

よくテーラーが基準とする良い服の裏地は、あまり美しくない方が良いとされる。
ちょっと弛ませておくというわけだ。
そう、裏方は地味に表を引き立てるために全力を尽くしている。

反対に背抜きのメリットは?

では、背抜きのメリットとは何だろう?

ザネラートのポスティーナ
秋のウール・シルク・カシミアのジャケットは背抜きでタイトシルエットに。

背抜きのメリットは、もちろん通気性が良く涼しいことが全てではない。
どちらかというと、さらに体にフィットしてラインを強調できる、だから色っぽいというような部分もある。

私も背抜きやアンコンのジャケットを多く持っているのだが、秋や冬物のカシミア混のジャケットはよく、フィット感やドレープの美しさを出すために背抜きやアンコンに仕立て上げることがある。

アンコンのジャケット
アンコンのシャツジャケットはカーディガン感覚で羽織る。

スーツは夏でも総裏という考え方

気候の違いはあれど、ヨーロッパのスーツで背抜きスーツは私は見たことがない。

背抜きスーツ

だから基本的にはスーツ自体、裏が重要な機能なのだから、やはり夏であろうとも総裏が基本ベースだと思う。
夏ジャケットに汗が直接素材に浸透するのも、耐久度に影響すると思う。
背抜きのスーツという概念時代、量販店が作ったものなのではないだろうか?

暑さ対策は何も背中の裏地を抜くことではなくて、
夏特有の通気性の良いフレスコとか、モヘア混のスーツ、またはリネンの薄い色のスーツを着るという方が理にかなっていると思う。

反対にジャケットは冬物でも背抜きやアンコンもあっても良い。
ここのところイタリア物のプレタのジャケットはアンコンが多かったが、肩パットもない柔らかい仕立てもなかなか色気がある。

まとめ

私自身、数え切れないオーダースーツを持っているわけだが、実は背抜きのオーダースーツは一着もない。
確かに裏地がないことで涼しさは得られるのかもしれないが、それだったらスリーピーススーツ(ベスト付)を仕立てて、ベストスタイルで過ごした方がよほど涼しいことを知っている。

リネンジャケット

リネンのジャケット、リネンのベスト、さらにリネンのシャツ。体感としてなかなか涼しい。
白蝶貝のボタンをつけ、ボルサリーノのパナマハットを合わせると一層涼感が出る。

このようにリネンは極端かもしれないが夏特有の素材があるし、シャツをリネンやコットンリネンにするという手もある。
シャツなどのインナーの工夫でも随分と体感は変わるものだ。

まあ夏に上着は着ないでしょ?という声が聞こえてきそうだが、テーラーは夏でも上着は着るのだ。
だから上着をお預かりしましょうか?と言われると困ってしまう。
でも夏はオフィスで上着を着ない!というのならばなおのこと総裏がおすすめだ、空調も効いているだろうし。

通年スーツとか、オールシーズンの生地、という言葉も巷に反乱したが、本当はそんなスーツは存在しないわけで、やはり夏は夏で暑いなかでもいかに涼しく・涼し気に装ってファッションを楽しむ工夫が大切ではないだろうか。

ということで、背抜きスーツは一体いつからいつまで着るのだろう?ということに対しての私なりの答えは、いつからいつまでもない、でも着たいなら着ても良いし、ジャケットなら冬でも背抜きも良いよ、ということである。

ぜひとも単純に暑さという側面ではなく、多面的に裏地(総裏・背抜き)を考えてみて はいかがだろう?

  • アンコンのジャケット
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年4月11日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles