オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツの生地

納得!ウールはどうしてシワにならないの?クリンプとクセっ毛と

ダブル ジャケット 着こなし
オーダーサロン ボットーネの松 甫(まつ はじめ)です。

最近はもっぱら2プリーツのオフホワイト。
ウールシルクリネンのジャケットに、リネン(麻)のブルーのシャツで、ニットタイ。

ダブル ジャケット コーディネート
ダブルブレストはジャケットも良いけれど、
クライアントS氏とショールカラー・ダブルベストについて打ち合わせ中である。

実はクルーの中之丸も同じだった。
ショールカラー・ダブルベストを誂えているところ。

私もショールカラー・ダブルベストを誂えようと思っていたところ。

偶然同じデザインが重なった、こういうこともあるのだなあ、まるでちょうど電話をかけようと思っていたら電話がかかってくるかのような、不思議な気持ち。

そんな今日この頃、まもなく夏季休暇に入る方も少なくないようで、ボットーネ表参道のサロン予約が急に増えてきたのだった。
まだまだ暑く湿度も高いけれど、秋に向けての打ち合わせは本格化しているのである。

ところで暑く湿度が高いことが手伝って、自分自身の髪がまったくまとまらない。
クセっ毛の私にとって最大の難所は、湿度の多い季節。
どうしたって夕方にはクルクルになってしまう。

クルクルっとクセっ毛といえば、ウールもクルクルしている

羊毛

さて、クセっ毛といえば、羊の毛もクルクルとしているけれど、これがウールのスーツがシワになりづらいことに繋がっていることはご存知だったであろうか?

反対に、コットンやリネンのジャケットなどはすぐにシワになる。
何が違うのだろう?

クルクルっとしている、ウールの繊維の縮れた状態、これをクリンプという。
実はこれがウールの特徴であるし、ウールが優れているのもこのクリンプがあるからなのだ。

まず、このクリンプがあるから空気をたくさん含むことができる。

ウールはグニュグニュしているから良いのだった


ウール 原毛

空気をたくさん含むので、暖かさを保つことができるのだ。

それから、弾力が生まれる。

要するに癖っ毛の私、ドライヤーで伸ばしてもすぐに毛はくるっと戻ろうしてしまうわけなのだ。
だから織物にした時、その戻ろうとする力でシワになりづらいし、シワが元に戻ろうとしてくれる。
さらにいえば、自然なストレッチ性もこのクリンプのお陰なのだ。

良いスーツの原毛

このグニュグニュグニュが、糸になっても残っていて、
戻ろうとする力があるからシワになりにくい。

メンズ素材の基礎知識&セビロの哲学 講義より 講師:大西基之先生

 
スーツ選びの参考に・・・念のため、どうやったらクリンプが多くなるのか?

ビジネスで出張に行くならば、シワになりづらいスーツはとても重宝するし、
吊るしておいただけでスッとシワが元に戻るスーツは登板回数が多くなるけれど、
ウールってのは本当に優秀なのだ。

そんなウール、クリンプは多ければ多いいほど良い。
どうやってクリンプが多くなるのだろう?

 

クリンプの形状は毛の密度、羊脂分泌の多少に関係し、また羊の飼料によっても差を生じる。銅、コバルトなどが不足すると、クリンプの少ないいわゆるスチーリーな毛を生じることになる。

メンズウエア素材の基礎知識 大西基之 著より抜粋

ウール 羊 品質

高級な生地になれば使われている原毛が違う・・・

つまりこういうことではないか。
大量に飼われている羊より、家族経営の広い牧場で大切に大切に手間暇かけて育てる。
飼料にもこだわる。
こうしてクリンプが多い羊が誕生するのだ。

何事も手間暇かけた方が良いものになる、ということは、羊さんも同じ。

 
 
 
良いものってのは、霧吹きでも吹いておけば、シワがなくなります。
シワがなくならない生地は良くないのですよ。
防シワ(防シワ加工)っていうのがあるでしょう。
ということは?
原料が安い、良い原料じゃあないから加工するのです。
 
それから、高いから丈夫じゃあない。
フェラーリとカローラはどうでしょう?
(高級な)時計も、狂うでしょう。

メンズ素材の基礎知識&セビロの哲学 講義より 講師:大西基之先生

 
リネンにはくるくるクリンプはない


リネン ジャケット コーディネート

ちなみに冒頭のジャケットはウールとシルクとリネンだけれど、こちらはリネン。
夏素材のリネンなどにはこのクリンプがない。

だから空気を含まない。

ということで保温性が少ないから、ウールと比較すると涼しいということなのだ。

・・・

これが繊維の拡大図、そこには!?


ウールのスケール

そしてこれがウールなどの繊維の拡大図。
ご覧のようにウロコのようなものが見える。

このウロコ、スケールというのだが、このスケールがあるからしっかり絡まり合う。

さらにウールにはこんな特性も・・・

ポリエステルなんかは火をつけると燃えちゃう。
(ウールは燃え広がりにくい) だから消防士も基本的にはウール。

カーテンもウールのカーテンは燃えにくい。
表皮の表面に油があるから、撥水性があって汚れにくい。
本当はウールは雨もはじくのだよ。

メンズ素材の基礎知識&セビロの哲学 講義より 講師:大西基之先生


良いウールは撥水性があるのだ。
このように、ウールとはとっても優れているのだ。

ウール 羊毛

ということで、私もストレートパーマでもかけて真っ直ぐにしようか、と思っていたクセっ毛であったが、良いところがないわけでもないのだなと思った今日この頃であった。

さて、明日は何着よう?

  • ダブル ジャケット コーディネート
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年8月11日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles