オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
背広紳士の知識

スーツ選びに知っておきたい!なぜスーツのポケットがななめになっているのか?スラントポケットとハッキングジャケット

スラントポケット
スラントポケットはご存知の方も多いと思う。
別名、ハッキングポケットとも呼ぶ。
スラントポケット、ハッキングポケットとはスーツの上着の腰ポケットが斜めに取り付けられた仕様のことだ。
実はこのスラントポケット、ハッキングポケットと呼ぶくらいなのでハッキングジャケットというのが元になっているのだが、斜めポケットのデザインを考える上では非常に重要な一説が出石尚三先生の講義(銀座ファッションアカデミア)にて登場したのでぜひご紹介したい。

出石尚三先生

出石先生の講義より
ハッキングジャケットというのが非常に重要なので、今一度説明します。
ハッキングコートともいいますが、
ハリスツイード
 
シングル、4ボタン上3つがけです。
コーデュロイとか、ツイードとか、そういう素材を使ったセンターベント。
3つめのボタンがとまる、後ろに流れる上着丈、それで上着丈が長い、だから馬にのってかっこよいのです。
 
馬に乗ったときに格好良い、だけど馬から降りて馬の下見にいく、馬券を買いに行くとか、そういうときにも相応しいのです。
 
それとは別に男の美学から見ても格好良い。
 
とても英国的な服で、フラップ幅の広いポケットも似合います。
ハッキングポケットは、もともとは馬に乗った状態で、ポケットから物を出しやすい、ということでハッキングポケット、ななめになっているのです。
スラントポケットとは

非常に合理的である。
馬に乗ったときの前屈姿勢の角度、その時にポケットを使いやすいように、という実用から生まれたのだ。
センターベントだって馬に跨るために生まれたものだというし、フロックコートがモーニングコートに変化した経緯も、やはりフロントカットが後ろに流れていた方が馬に乗りやすい(跨りやすい・降りやすい)という理由からなのだ。

 
 スラントポケットと馬車
 
ハッキングコート、ここからでたのが、ハッキングポケット(ななめ)スランテッドポケットと呼ぶけれど、イギリス英語ではハッキングポケットと呼ぶことが多いですね。
何故かというと、ハックというのが古い俗語でして、
もともとは、貸し馬車って意味です。
馬車をレンタルする。
時間を決めて、貸してくれるのです。それをハックといいました。
horse-drawn-carriage-1157187_1280

なんと、ハッキングポケットのハッッキング、いわゆるハックというのは、馬車のシェアサービスのことだったというのだ。

時代とともに言葉が変わって、
日本語でいいますと、軽乗馬服とでも呼びましょうか。
本当に乗馬で着るときには乗馬服を着るのだけど、ちょっと試しに乗るか、ちょっとそこまで走らせるだけだから、というのをハッキングというんですね。

馬を買いに下見に行く、そういのもハッキングといいます。

ハッキングコート、これは男の服のなかで非常に重要です。
ぜひ覚えておいてください。

タキシードの側章

本講義では、スーツ、いわゆる男の服、それは1から10まですべてが理論理屈で成り立っている、との説明があった。そう、だから面白いのだ。
女性のイブニングドレスの裾を汚してはいけないから、とパテントレザーのシューズを履いたように、すべてに意味があるのだ。だから面白い。

こちらもご一緒にいかがでしょう。

  • スラントポケットとは
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年7月8日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles