あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

オーダースーツのユニークな裏地をご紹介

パープルの裏地のジャケット

松はじめです。

オーダースーツといえば生地を選ぶという楽しさに合わせてもう一つ、醍醐味は裏地。

シンプルな裏地も良いが、時には艶やかな裏地で遊んでみるのも面白い。

このジャケットの裏地は・・・

パープルの裏地のジャケット
ワイン!

お酒好きにはたまらない裏地である。

さて、その他ユニークな裏地はいろいろあるのでご紹介してみよう。

スーツというと西洋が起源だが、

どこかに和を取り入れてみては?

海外出張が多い方ならコミュニケーションのきっかけになること間違いなしの裏地。

スーツが発展してきた経緯を追うと、馬は切っても切れない関係だ。

例えばジャケットの後ろの切れ目が真ん中にあるタイプを、センターベントというが、これはまさに乗馬の時に馬にまたがりやすくした仕様だ。

モーニングコートの背中にあるボタンは、馬に乗る時にフロントをくるっとまくって、後ろにひっかけていた。

貴族は姿勢を矯正するために、積極的に馬に乗ったし、それとスーツは連動して発展している。

ということで、裏地にも馬を取り入れてみてはいかがだろう?

カジノに行く時はタキシードを着用する、

あるクラスのカジノではあるが、きちんとタキシードを装っていく。

なぜだろう?

タキシードを着ているということは、私は紳士である。という現れである。

お互い、フェアプレイをしましょう。そういう気持ちをタキシードで表すのだ。

ならばタキシードをオーダーする場合、裏地はカジノをモチーフとしたこんな柄はどうだろう?

ブートニエールは、もともとプロポーズに用いられていた。

というのも、男性は女性に愛の言葉とともに花束を送る。

OKなら、女性はその中の一輪をとって、男性の服にそっと花をさす。

これがブートニエールのはじまりだ。

ブートニエールといえばレッドカーネーションが思い浮かぶ。ちょっとした食事に、パーティーにブートニエールをつけるように、裏地にも花を添えてみては?

ハワイといえばリゾート。

今も昔も結婚式を挙げる人気の場所といえばハワイ。

ハワイで結婚式を挙げるなら、どんなタキシードにしよう?

ブルーのタキシードも海に映えるが、ホワイトディナージャケットはどうだろう?

裏には思い出に、ハワイの裏地で。

シャークスキンという生地がある。

その名のとおり、サメの皮のような見た目の生地。

しかしこれまでシャーク・ライニングはなかった。ついに登場したので、これで表も裏もサメで統一可能だ!

私の妹はニューヨークに住んで、最近子供も産まれた。

ニューヨークの人々はとても心優しく、子供を見るといろいろと助けてくれるのだそうだ。

ありがとう!その時にこんな裏地がちらりと見えたなら、さらに親しくなれるに違いない。

英国の貴族のスポーツの一つに、ハンティングがあった。

鉄砲をもって、動物をおいかける。

ただ、そこで競い合うというよりはこれも社交。

仲間が集まればパーティーがはじまる。

荒々しいツイードのハンティングジャケットにエルボーパッチをつけ、裏地もハンティングモードで。

ゼブラは、白と黒で構成されている。

同じように白と黒で構成されているスタイルがある。

それは、フォーマル。

黒のタキシードには、白いシャツ、黒いボウタイ。

そこにレッドカーネーションのブートニエールが映えるのだ。自然界の美しさを裏地にも取り入れてみよう。

ペイズリーとは、スコットランドのある村の名前だ。

その村ではカシミアの糸を手で紡いで、模様の入ったショールを作っていた。

これがフランスの貴族の間で流行る。

1枚羽織れば暖かく、今の金額にして300万円近くしたものだから、それを何枚持っているか?ということがステータスでもあったのだ。

そんなペイズリーは、今や裏地に取り入れることができる。

さて、エピソードはいろいろあるが、その他の新作裏地も一気にお届けしよう。

ということで、まだまだご紹介したい裏地はあるので、おすすめの裏地やユニークな裏地が仕入れられたらご報告したいと思う。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

松 甫ライター:松 甫 詳しいプロフィールはこちら>> Twitter Facebook 表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月7日
オーダースーツ | オーダースーツの生地

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly