オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
背広紳士の知識

今さら聞けない!ボーラー ハット(山高帽)の由来と語源

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

今日は、銀座ファッションアカデミアという講義に参加している私が、帽子についてまとめてみました。
帽子といってもいろいろな種類があるが、今回はボーラー。
丸い、ボーラー。

男性も、女性もかぶったボーラー。
一体どんな歴史が隠れているのでしょう?

この記事の目次

ボーラーって国によって呼ばれ方が違う

ボーラーって、どんな帽子だろう。

まず、丸い。
そして、固い帽子。
ハードハットと、ソフトハットという種類があるのだが、ハードハットの1種になる。

イギリスの英語では、ボーラー。
だけどアメリカでは、ダービーと呼ぶ。
さらに、フランスではメロンに似ているからメロンというのだ。
ドイツも同じ理由でメローネ。
そしてイタリアは、小さな爆弾という意味の、ボンベッタという。

こんなに国によって違う呼ばれ方の帽子もなかなかないだろう。
ちなみに日本は?
山高帽(やまたかぼう)という。

山高帽って名付けた人は福沢諭吉

山の形一つによってかなり印象が違ってくる。

明治の頃はボーラーとは言わず、山高帽という言葉が使われていた。
そもそも日本に初めてボーラーを紹介したのは、福沢諭吉である。

慶応4年、西洋衣食住という本を自分の弟子の名前を使って書いた。
そこに、高帽子 丸帽子 平帽子と書かれている。
1887年、初めて日本に帽子のことを伝えたのだ。

西洋のハット、知識がまったくない時代、シンプルに考えて3つの帽子がある!と書いたわけだ。
高帽子は、今のトップハット、丸帽子が、ボーラーのこと。
平帽子はキャスケットやハンチングになる。

ボーラーのかぶり方のポイント

イタリアの2人の音楽家。
右:ボーラーは、こんな風にちょっとななめにかぶるのが粋だ。

ボーラーは丸いから、形づくることが難しい。
だから、帽子のなかでも難しい帽子と言われている。

どうしてボーラーっていうの?

ウィリアムボーラーというハットメーカーがあって、ウィリアムボーラーで作られたので、ボーラーとなった。

ボーラーの名前の由来は、そのまんまメーカーの名前だったのだ。

だけど、ここからが深い。

メーカーのウィリアムポーラーに作らせたのはロックという帽子店で、ロック帽子店に依頼したのはトーマスウィリアムコークという人。

トーマスウィリアムコークは、ノーフォークの貴族。
彼は、1854年に、ロック帽子店に行って頑丈な帽子を作ってくれないか!と依頼したそうだ。

それでロック帽子店は、ハットメーカーのウィリアムボーラーに依頼して、頑丈な帽子を作った。

この、トーマスウィリアムコーク氏から、 今でもコークという呼び名もある。

ちょっとくだけた言い方をすると、イギリス人はビリーコーク(Billy-cock)というのだそうだ。
イギリス人がいうに、ウィリアムというのは、愛称がビリーになるので、ビリーなのだって。
イギリス人同士ではよく使う言葉なのだそう。

実はそれ以前に、ボーラーはあった

ところが、ウィリアムボーラーが作られる前にも、ボーラーみたいな帽子があった。
それがわかるのがこの1821年の図。
さきほど1854年にボーラーを作らせたはずだが、名前こそ違えどボーラーは存在したのだ。

実は、トーマルウィリアムコークのお父さんも、空気抵抗の少ない帽子を作って欲しい!とロック帽子店に行っていた。

お金持ちで何エーカーもの土地を持っていて、使用人もいます。大型農家というんでしょうか。お父さんは、同じ土地にいろいろな作物を植えた方が土地は痩せにくい、というようなノーフォーク農業法の本を出しています。

当時のことですから、使用人もトップハットのような帽子をかぶっています。
でも、見回りをするときに落としてしまいます。

使用人に買って与えたものです。落としたり無くしたりするから、これはかなわん!ということで、なるべく空気抵抗が少ない丸い帽子を作ってほしい、と作ったことがありました。

息子は小さな歳だったでしょうが、その帽子を覚えていたんですね。
息子は28歳くらいで、そういえば、父は丸い帽子を作っていたなあ。と思い出します。

馬に蹴られても大丈夫な頑丈な帽子。
もしかしたら、中にスティールが入っているヘルメットのようなものだったかもしれません。

1850年に、1ダース、2ダースと作りました。
ウィリアムコークが求めていたのは、固い帽子でした。

銀座ファッションアカデミア 専任講師 服飾評論家 出石尚三先生

ウィリアムコークのお父さんは、すでにボーラーのような帽子を作らせていた。
それは、使用人が使う、落としても大丈夫な帽子。

1:それは空気抵抗が少ないスタイルである

2:そして固い(ヘルメット式)

こうしてヘルメットみたいな帽子ができたのだった。

イギリス人のボウル

器みたいなのを、ボウルというけど、イギリス人も勘違いして、ボウルにERがついているのか、と思っている人がいるらしい。

本当はメーカーの名前なのだが、そのくらい見た目もボウルっぽい。
そんなわけで名前も受け入れられやすかったようだ。

 

ボーラーの歴史を追ってみる

割と初期のボーラー。Rオブサフォークの兄弟。
右が弟、地主で、1855年ごろの写真。

まさにボーラーをかぶっているのがわかる。
でも、普通は貴族はボーラーをかぶらなかったのだって。

1855年ごろに、貴族がボーラーをかぶるという習慣はありませんでした。
これは例外中の例外だと考えてください。
ボーラーはもともと使用人のための帽子なのです。貴族はトップハット。

銀座ファッションアカデミア 専任講師 服飾評論家 出石尚三先生

・ボーラー=一般市民帽だった

・ボーラー=貴族はかぶらない(現代も)

貴族がかぶらない帽子を皇太子がかぶった!

1863年

なんと、現代でも貴族はかぶらないボーラーを、英国皇太子(エドワード7世)がボーラーをかぶったところの写真がこちら。

母であるビクトリア女王はいつも、うちの息子はどうしてこんなに服ばかり好きなのか・・・と悲しんでいたという。
そんな服に目がないエドワード7世がかぶった、当時の最先端のファッションハット、ボーラー。

そもそもフロックコートを着るようなお立場の方が、お気楽なトレンド服、ラウンジスーツを着ている時点で、英国皇太子がするスタイルではないのだけれど。

スポーツのときはボーラー

1863年

二人とも、クリケットの選手。

ボーラーという風に呼ばず、ビリーコークと呼ぶのはクリケットと関係があるらしい!

どうしてビリーコークっていうような言葉がよく使われるかというと、イギリス英語でボーラーっていうと、クリケットのボーラー(投手)のことなんです。
野球でいうピッチャーが、ボーラーというんですね。
紛らわしいので、ビリーコークと言うのです。

図が、まさしくクリケットのバッターです。特別なクリケット用のユニフォームで、この図は同じチームの選手ですね。

球技の選手がかぶって、スポーツハットになったのではないでしょうか。

銀座ファッションアカデミア 専任講師 服飾評論家 出石尚三先生

 

クロッケーというスポーツでも。

鉄のゲートをくぐらせると、また一打打てるという上流階級の遊び。
左の人がボーラーをかぶっている。

 

1866年

シューティングパーティ。

貴族はよくこういうことをやるのだそうだ。
どうしてかというと、自宅の敷地が広くて、手に負えないほど害獣が増えてしまう。
そこで、友人を屋敷に招いて、獲物を打ってシャンパンを抜く。

ボーラー生みの親のコーク氏も、人を招いて度々シューティングパーティーを開催した。
その時のお付きの人たちは、みんなボーラーを被った。
この写真も、その真似をした様子だ。

ジェントルマンが街でかぶったのは70年代からである。

それ以前はカントリーウエア。身分的にも下の人がかぶっていたのがボーラー。

ボーラー まとめ

1900年代は、英国のビジネスマンがかぶる帽子といえばボーラーだった。

そんなボーラー、もともと貴族が、お付きの人たち用に頑丈な帽子を開発させた。
それを作ったメーカーが、ウィリアムボーラー社だからボーラーとなった。

メルメットのように耐久性が高く、頭を守る役割があったのだろう。
それがいつしかストリートファッションとして流行って、英国皇太子までかぶった。

紳士がスリーピーススーツに合わせるようにまでなるが、あくまでも本来は貴族はかぶらない帽子だった。

かぶり方のポイントは、ちょっとずらしてかぶること。

ということで、ボーラーをスーツに合わせてみようか?

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年2月4日
ボットーネCEOのオーダースーツの着こなしブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles