あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
ファッションアイテム

夏はステテコで快適に ユニクロのエアリズムステテコ

東京の梅雨はいつ明けるのでしょうか。
蒸し暑く、常に雨が降りそうで降らない嫌な天気が続いております。
 
この時期は、様々な服装の方を見かけます。
 
 ・ノースリーブの女性。
 ・カーディガンを羽織った女性。
 ・半袖短パンの男性。
 ・クールビズスタイルのビジネスマン
 
そして、ごく一部のスーツスタイル、、、。
 
私たちのような職業の人間は、これから夏本番を向かえてもスーツを着続ける訳ですが、クールビズスタイルのビジネスマンでも「スラックス」だけは冬と変わらず着続けることになります。
 
もちろん、夏らしい涼し気な素材のスラックスであったり、皆様なりの工夫をされていると思いますが、
この蒸し暑さの中では、どう頑張っても暑いと思います笑。
 
夏だからといって半ズボンが許される職場はそうないはずです。
(もしかしたら、本当に”何でもあり”な企業もあるのでしょうか?)
 
 
 
前置きが長くなりましたが、、、
そこでこの記事では、夏を快適に過ごすアイテムとして「ステテコ」について書きたいと思います!
 

■LINE@始めました!

日々のブログの更新情報や、LINE@だけの特別な情報などを発信していきますので、
よろしければ是非ご登録ください。
ブログに対するコメントや、素朴な質問などもお気軽にお送りいただければと思います。

友だち追加

 

ユニクロの”エアリズムステテコ”

ステテコ、、、どんなイメージをお持ちでしょうか?
 
私の父は一年中綿のステテコを履いていたので、なんとなくおじさん臭いイメージがあります笑
ですがさすがに、綿素材のステテコはちょっと暑いです。
 
私が愛用しているのは、ユニクロで販売している、エアリズムステテコ。
私にとってはここ数年、夏の出需品となっています。
 
 
エアリズムというと、インナーやパンツを思い浮かべる方も多いと思いますが、素材は同じです。
つるつるしたあの感じ、いいですよね。
 
スーツやジャケットなどは天然繊維に拘りたいですが、下着は最先端の化学繊維の方が優れているように感じます。
 
ちなみに、私はシャツの下には何も着ない派ですので、エアリズムインナーは着たことがありません。
ステテコのみ愛用の珍しいタイプといえます。
 
スラックスの下にさらにステテコ? 余計に暑そう。
 
そう思う方もいると思うのですが、そんなことはございません!
きっと、「暑い」ということはここ日本においてはどうしようもないことだと思うのですが、「快適に過ごす」ということは工夫次第でいくらでも打つ手はあります。
 
汗でべたついて、スラックスに引っ付く、、、私はこれが一番嫌いなのです。
 
額に汗をかくのと同じように、脚(特に太もも&脛)からも汗をかきやすい体質の私は、このべたつきから解放されたくて悩んでいました。
とあるWEBサイトこのステテコを見付けて、当初は半信半疑だったのですが、だまされたと思って履いてみたところ驚くほどに快適だったのです。
 
汗が直接スラックスに付くこともない為、スラックスにとって優しいのも大きなメリット。
ロングホーズ(ひざ下まである長いソックス)を履けば、肌が直接素材に触れることはありません。
 
クリースのラインも保たれる、履いてる人も快適、スラックスにも優しい、、、
私にとっては、履かない理由がありません。
 
 
ただしNGな人もいます。
 
タイトフィットのスラックスがお好きな方。
タイトなパンツには、ひざ下まであるステテコは余計に不快感が増してしまうでしょう。
私は標準~ややゆったりが好きなので、このあたりは問題ありません。
 
 
画像のようなコットンスラックスの下でも、ウールの下でもなんでもステテコを履いています。
完全に虜です、、、結果、秋も冬も履いています。
 
汗のべたつきでお悩みの方は、だまされたと思ってステテコを履いてみてください!
きっと後悔しないと思いますよ。
もしNGであれば、そのまま部屋着としてご活用ください(本来はそういう使い方?)。
 
 
最後に、既にステテコユーザーの方にとっては永遠の課題「ステテコの下に更に下着を履くか否か問題」があると思いますが、私は履かないに一票を投じたいと思います。
 
 


■LINE@始めました!


日々のブログの更新情報や、LINE@だけの特別な情報などを発信していきますので、
よろしければ是非ご登録ください。
ブログに対するコメントや、素朴な質問などもお気軽にお送りいただければと思います。

友だち追加

 
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年7月27日
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術 | ファッションアイテム

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly