オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

人はなぜスーツを着るの?答えは落花生にあった!出石尚三先生に聞く、スーツ

suit

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

服飾評論家の出石尚三先生が、銀座ファッションアカデミアという講演のなかで、どうして人はスーツを着るんでしょう?ということを解説していました。

それは落花生を見れば答えが出る!と出石先生はおっしゃいます。

一体どういうこと?

そして、どうして私たちはきちんとしたシーンでスーツを着よう!と思うのでしょうか?

解説してみたいと思います。

この記事の目次

本日は銀座ファッションアカデミアという洋服屋の勉強会だが、専門的なお話しではなくて、スーツと落花生って似てるよね!という興味深い話になったのでぜひご紹介してみたい。

この講義の講師は、スーツの百科事典の著者でもあられる服飾評論家 出石尚三先生だ。
人はどうしてスーツを着るんだろう?というところからはじまったのだが・・・。

「誰に命令されたわけでもないんです、恥ずかしくないように、、あまたある服のなかで、セーターもカーディガンもあるのに、よりによってなぜ今日、僕がスーツを着てきたのでしょうか?」

確かに。

そんな私もスーツスタイルだ。

別にジャケットでも良いし、クルーネックのニットでも、パーカーでも許される。
法律でも強制でもないのに、スーツを着ている、これは一体何を意味しているのだろう?

スーツとは、人間包装紙

和菓子があるとする。

和菓子は箱に入っていて、包装に包装が重ねられた。

ある日、お手土産としてその和菓子を買う。
お客様のところに行った。
和菓子をお渡した瞬間に、「あら、どこどこの和菓子じゃあありませんか。」と言われる。
言われなくても、おそらく思われる。

まだ開けていないのに、あぁ、あそこの和菓子なんだわ、とまずはパッケージングでわかる。

では、もし人間に包装紙があるなら?
それは着ている服なのではないだろうか。

裸よりも服って美しい

そもそも誰も裸で街は歩けない。

いいじゃないか、どうでも、着るものなんて・・・。
そう口にする人でも、何かの服を着て街を歩く。

出石 尚三 先生
服は美。裸は醜。
僕は風呂場で、俺の体なんて美しいんだろう!と思うか?というと思えませんよ。
まだしも服を着てる方が精神に耐える。

例えば、最近の若者が細いパンツを履いている。

その脚線美は美しいんでしょうか?
その美でない醜である場合に、それをトラウザーズ(パンツ)で包み隠すという意味合いを持っているんです。

確かに、どこからどう見ても美青年で美しい肉体、そんな人がいたら別だ。
でも、服、特にスーツというものは、外側でいかに作り上げるか?ということなのではないか?
体よりも美しいフォルムをどうやってスーツで作るか?なのだ。

本当は怖い、服とスーツ

出石先生によれば、1825年に、フランスのジャン・アンテルム・ブリア=サヴァランという方が味覚の生理学という本の中に、【君の食べているものを言ってみたまえ。ならば君がいかなる人物か言ってあててみよう?】とあるのだそうだ。

食べているものを聞いただけで僕は、育ち、家柄、ライフスタイルも仕事も当てられるよ、ということだ。

ところが、服は聞かなくてもわかるわけだ。
あなたが服を着た姿を、会えば見ることができるのだから。

出石 尚三 先生
ブリア=サヴァランは美食の権威(本業は弁護士)。

美食家ならぬ、美服家という方が仮にいたとします。
誰にも強制されずに、その服を着ている。
ということは、その服に意思や趣味、美学が入ってるんです。

すみません、今日赤い服着てこようと思ったんですけど、妻がこっちを着ろ、と言うもので・・・
本当はこの服じゃあないんですよ、私を見ないでください。
そういうわけには行かないんですよ。

というこうことはですよ、スーツは良識・識別服。

その人が普段どういうことを考えて、何をして、何を着ているのか?
精神的にはオープンにしてるんです。
私はこの服が良いと思うくらいの人間です、と歩いてる。
スーツは怖いです。

言わないだけで、この人はこういう人なのか。ふーん。

そういう風に、服を通してあなたを相手に伝えている。

原点に戻って考えてみると、どんな服を着るかって大事を通り越して怖い。
私たちは、なんとなくこの人って良さそう!とか、裏がありそう・・・と判断している。
それは、見た目によるところが大きい。

松はじめ
顔よりも面積を占めているのは、服です。
仲の良い方や属しているグループの方を見てみましょう、なんとなく同じ雰囲気の服装の方が多くありませんか?

落花生とスーツスタイルの意外な共通点

出石 尚三 先生
落花生です。
先から割ってくださいということになっています。
薄皮もむいて。

出石尚三先生が取り出したのは、まぎれもない落花生だった。

落花生は独特だ。
まず、花が咲く。

次に、花が地面に落ちる。

そして地中に潜って、つるになる。

出石 尚三 先生

神様がこの植物に与えた生態なんです。
花が落ちて、薄皮に包まれて生き延びる。

花っていっぱいあるでしょう、花が落ちたら終わり。
でも落花生は生き延びるんです。
薄皮と外の硬い皮に包まれるから。

スーツに当てはめると、似てるなあと思いませんか?
僕たちは裸のまんまでは生きられないんです。

外にも出られない。
せめて下着がないといけない。

この形、良く見てもらえます?
窮屈でもなく、ルーズすぎることもない。
これをみんなわかってないんです。
ちょうどいい関係でしょう?

これがフォルムなんです。
中の豆があっての、外のフォルムでしょう。
なんの細工もないわけです。
そういう風に、天然自然よりも勝るものはないんです。
神が作った姿なんですよ。

松はじめ
スーツを、何気なく着てる方も少なくないと思います。
でも、スーツはどうやって洗練されたフォルムに見せるか?を何百年もかけて美しくできあがっているのです。

世界の大統領はなぜスーツを着るのだろう?

松はじめ
もう少し具体的な話をすると、アメリカ大統領とロシア大統領が会って会談をするとする。
なぜスーツなのでしょう?
出石 尚三 先生

プロトコールとか何にも出ていないんです。
アメリカ大統領はすべからくスーツを着用とはありません。
それなのになぜ世界を代表する国のトップがスーツを着るのでしょう?

良識・識別は、国際社会でもほぼ同じことが言えるんです。

そう、スーツは共通のランゲージ(言語)なのだ。
これを着ているということは、信頼に足る人だ。と相手は思う。
そんな魔法の服ではないか?

出石 尚三 先生

スーツは着る言語なんです。
話し言葉以前に着るものでも何か発信してる。
黙ってても、発信してる。
着る、言語なんです。

言葉がなければコミュニケートできません。
けれどもコミュニケートしてしまっている。
着るということは、無言で語っている。
それは国際的にもそうですよ。

人はどうしてスーツを着るのだろう?まとめ

人はどうしてスーツを着るのだろう?
それは、きちんとスーツを着ている人が良識のある人だ!と思われる服だ、ということと関連しているかもしれない。

良いスーツをきちんと着ると、気持ちが引き締まる。

良いスーツをきちんと着ると、周囲の人の見る目が変わる。

あなたが思っている以上に、あなたのスーツや服装は見られている。

新入社員研修に疲れたブラックスーツの男性・女性をみかける。
みんな自分を押し殺したような同じようなネクタイで、同じようなバッグを持っている。

私は4月になると心がウキウキする。
春色のライト・ウォーム・グレーのスーツは袖を通すだけで心が晴れやかになる。それに合うシャツをコーディネートして、ピンクのペイズリーのネクタイを合わせる。この季節は過ごしやすい気候だから、とにかく持っているスーツを総動員してでもスーツを着たくなる。

毎日テーマを決めて、これとこれを着よう!とスーツを着るのだ。
オーダーサロンをやっているのだから当然、と言われたらそうかもしれないのだが。

先日、妻が息子の小学校に行った時に、こう言われたと聞いた。

「旦那さん良く見かけるよ、いつもオシャレなスーツを着ている人だよね。」

え?どこで見られてる?いつもって??

オシャレかどうか?は人が決めることだ。それにオシャレですね!と言われているということは服が浮いているよね!ということかもしれない・・・が、そういうことではなくて、私はそれを聞いて悟った、確かに見られているんだ、と。
(失礼ながらこちらはその方のことは見えていないのに。)

人間裸では歩けない。

落花生のように、そして和菓子のパッケージのように、あぁ、あの人ってこうだわ。というパッケージが服。
服の中でも、フィットした良いスーツは着こなすだけで国際的に良識ある人だ!と思われる共通言語というわけだ。

これをうまく生かして自分のものにする手はないではないか。

ということで、今日はいつもよりちょっとだけネクタイを結ぶのに時間をかけて、良いスーツで自分をラッピングしてみてはどうだろう?
クールビズに入る前に・・・。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年4月19日
スーツの着こなし術 | ジェントルマンの知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles