オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
Other

ミッションを達成すべく、まずお約束のようにネクタイを

オーダースーツ ネイビー

20歳のころ、服は好きだったが、富山の中央通りに行くのには勇気が必要だった。
私にとって、お隣の金沢はさらに難易度が高い。

富山の西町、中央通り、おしゃれな人が歩いている・・い、一体何を着てポールスミスに行けば良いのか・・・

考えた挙句、スーツならストリートファッションはわからないが、仕事に必要だから来た!というストーリーが成り立つのではないか、と考えてネイビーのスーツ上下を休日に着て、おどおどポールスミスに行く。

おどおどする私と対極、店員のスラッとしたお姉さまは自信満々だ。
その女性がこつっこつっと音が聞こえそうな歩き方でやってきては、うわぁ、場違いなところに来てしまった、話しかけられたらどうしよう・・
と何か万引きでもするかのような私。

とはいえミッションを達成すべく、まずお約束のようにネクタイを見る。
すると《ネクタイお探しですか?》

来た・・・想定通り、
しかし、どうしよう、ここからが正念場だ。

スーツを来てきたものの、ネクタイは総予算として買えない、
今日欲しいのはカジュアルアイテムでおすすめのものなのだ。

ええと、今度ちょっとテレビに出るもので・・

実際に富山テレビの、クイズ フォーカスインという番組に学生のときに出たのだけれど、
その時の服を・・・と格好つけて言ってコーディネートしてもらい、
言われるがままに購入した。

一式着た。
鏡を見る、
プロは違う!

あの人はいまどうしているのだろうか。

それでそんな私がなぜ東京に出て、表参道でテーラーをやっているのか、謎は深まるばかりだが、その後もポールスミスに通ってそれなりに購入させていただいた私は、同時にたくさんのエッセンスを学んだのだろうと思う。
結局、服が好きだったのだろう。

ネクタイも、カフリンクスも、バッグも、ソックスも、カバーオールもスラックスも、20歳はポールスミス、タケオキクチ、アバハウスに助けられ、ボーナスでラフシモンズ、ヘルムートラングを買った。

なぜか一目惚れして買ったビビアンウエストウッドのニットが3万円で、
え?と確実に当時の彼女の表情は引いていた。
私とのデートは割り勘なのに・・と。

  • 表参道 ファッション
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年4月30日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles