オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

恥ずかしい!タキシードと燕尾服のトラウザーズの違い?

ボットーネ 松 甫
オーダーサロン ボットーネの松 甫(まつ はじめ)です。

本日は土曜ということでたくさんのご予約が。
そんな中、さらに正しいフォーマルや服飾の知識を身につけようと、フィッティングの合間を縫って、銀座ファッションアカデミアという講義に参加してきた。

表参道から銀座までは1本で行くことができるのだが、会場は東銀座の方が近いため、日比谷線に乗り換える。
1本で行くのと、2本乗るというのはわずかな差だけれど心理的には距離感を感じるものだと思う。

ところで、1本、2本といえば、少し専門的な話になるかもしれないけれど、タキシードと燕尾服とである1本・2本とある本数が違うという説がある。

タキシードの特徴

夜の正装、パーティーのドレスコードならばホワイトタイという指定があれば、それは燕尾服を着ていかなければならない、ということに他ならない。
なかなかそのような機会があるのか、といえばないかもしれない。

もう少し砕けた服装がタキシードということなのだけれど、現代であればタキシードが非常に畏まった服と捉えられるだろう。

この燕尾服にもタキシードにも、トラウザーズの脇にはシルクのラインが入っているのをご存知の方は多いと思うのだけれど、燕尾服とタキシードでラインの雰囲気が違うのをご存知だっただろうか?

■よく燕尾服は2本のライン、タキシードは1本とある

タキシードのスタッドボタン

日本のフォーマルについて書かれた書籍やウェブで、燕尾服は2本のラインが入っていて、タキシードの場合は1本という記述がある。
このライン、日本語では側章(そくしょう)と呼ぶのだけれど、本当のところはどうなのだろう?

ということで、1957年にアメリカのエスクァイアから出ているファッションフォーメーションを見てみよう。

 これ自体は、1957年のアメリカの考え方であるという風に見て良いのではないでしょうか?

出石先生

Esquire 雑誌

エスクァイアは、アメリカで創刊された、世界で初めての男性誌といわれている。
その雑誌のなかに、1957年に出たファッションガイド・フォーメンというのがある。

フォーマルのルール
・・・

 これはいつどこで何を着るのか?が載っておりまして、これがドレスチャート。
結婚式に何を着ていく?不祝儀を除いた全体のフォーマルチャートになり、参考になります。

・・

燕尾服
ということで、今日は講義で非常に貴重な資料をいただいてきて、この資料だけでご飯3杯は食べられそうだと思ったのだった・・・。

この資料の中のフォーマル・イブニングという、最もフォーマルに装う必要がある場合の夜会の服装は、テイルコートとなっているのだが、トラウザーズというところにはSame fabric as coat-two braids at sides;no cuffsとある。

2本の側章、(ちなみに裾はダブルはだめよ、とある)ということだ。

エスクァイア誌のこのチャートを担当したのは、エスカイヤー誌のファッションディレクターとして有名であった、オスカー・E・ショーフライという方だそうだ。

だが、出石尚三先生の解説はこうだ。

 two braidsということはありません。
ほとんどの参考書には、2本側章と書かれています。

2本とか1本という本数の問題ではなくて、
でも、こうやったら(書いたら)わかりやすい。

側章は、燕尾服の場合にははっきりと縫い目を隠すってことなのです。
縫い目は恥ずかしい。

ディナージャケット(タキシード)は、縫い目は隠しますけどね、さらっと隠しましょうよ、と。

 

タキシードの側章ということで、ディナージャケット(タキシード)に合わせるトラウザーズの説明では、
Same as jacket-one braid at weight sides;no cuffとある。
つまり、側章は1本ということ。
ということなのだが、どうやら正式に2本、1本と決まりがあったのではなくて、それがわかりやすいからそのように書いたのだそうだ。

トラウザーズの脇の縫い目を見せるなど恥ずかしい。
だからしっかりと隠した燕尾服。
そこまでではないけれど、軽く隠したタキシード、
それらのことを雑誌が2本、1本と解説したのだった。

オスカーが間違ったのではなくて、わかりやすく書いたということ。
本文の中ではそういう意味合いの事を書いています。

表参道

燕尾服の場合にはトラウザーズの側章は2本というのは、わかりやすくそのように書かれたという捉え方があるということである。
そしてしっかりと縫い目を隠すのか、さらっと隠すのか。
それはつまり正式な夜会の服なのかどうか?というようなところにも関係しているのだ。

そのようなわけで、1本か2本か。次回の講義は銀座まで1本で行って、歩いてみようかな。

さて、明日は何着よう?

  • Esquire 雑誌
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年8月5日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | 背広紳士の知識

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles