オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツの生地

もう惑わされない!同じSUPER120’sなのに、金額が違うのはなぜ?

オーダースーツ生地 品質の違い

スーツをオーダーするときに、生地には色々な数字が書かれている。
SUPER120’sなどと書かれている表記を見た方も少なくないと思う。
これは、原毛の繊維の太さ・細さを表している単位なのだが、
同じSUPER120’sと書かれている生地でも、金額が結構違う場合が多い。
一体、何が価格差の原因なのだろうか?

 
 

そもそも2つの生地があり、スーパーの表記が120だったとして、
どちらも120だから、同じ繊維の細さで、同じ品質、ということではない。

例えばロロピアーナという生地の織元が出しているスーパー120の生地と、
カノニコという生地の織元が出しているスーパー120とでは、
生地の値段だけでも1.5倍以上違うから、スーツ価格もそのくらい違う。

どうして違うのかといえば、
まず、原毛の違いだ。

バルベラやロロピアーナには自社用の羊が
 
ロロピアーナ 牧場
出展:https://www.loropiana.com/jp/より引用

例えば品質の良い生地を織ることで知られている、カルロ・バルベラや、先ほども名前が出たロロ・ピアーナという織元などは、自分たち専用の牧場と提携して、良い羊を育てている。
人間もそうだが、動物も環境や育て方で出来が変わるもの。
良い餌で、大切に育て上げられた羊と、大量に画一的に育てられた羊とでは、刈った毛の質が違うのは当然なのだ。

例えば、これが良い環境で育てた羊毛。

良いスーツの原毛

それに比べて品質が劣る羊毛がこちら。

スーツの原毛
やや色が黒ずんでいるのがわかる。
それから、匂いも違う、臭い。

ところで、ウールの良し悪しを決定する要素の一つに、白度(びゃくど)というのもある。
白度が高い方が染まりやすい。

このように、羊にも色々なのがいる、ということなのだ。
スーパー(SUPER)というのはあくまでも繊維の太さの単位でしかない。
だから、そもそもの羊のポテンシャル次第で最終製品が違ってくるのだ。

スーパー120といっても、全部がスーパー120ではない
 

ホーランドシェリーの生地

そして、さらにいえば、
生地を構成している繊維の、全てがスーパー120でなくとも、
表記としてはSUPER120’sと書くことができるのだ。

ウールも一部化学繊維が入っていても、
ウール100%と表記できるし、
こういった数値だけに頼って購入してしまうと、思ったよりも良くなかったな、と失敗する可能性があるわけだ。

そもそもスーパー表記というのは、国際羊毛繊維機構(IWTO)にて規定された、ウールの品質を表す国際的な基準。
だが、例えばベルギーのスキャバルという生地の商社(マーチャント)ではそれよりも厳しい自社基準を定めているという。

数値が高ければ良いというものでもない
 
%e8%8b%b1%e5%9b%bd%e7%94%9f%e5%9c%b0%e3%80%80porterharding%ef%bc%88%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%ef%bc%89


そもそも、スーパーは原毛の繊維の太さなのだが、
これが120、130と数値が上がれば繊維が細くなる。
じゃあ150、160と細ければ良いのかといえばそうではなくて、
日常ヘビーに使用するスーツでスーパー150は繊細過ぎる。

また、まったく考えが異なるのが、英国羊毛だ。
最近は細い繊維、細い糸、と求められているから温暖な地域で飼育されたメリノウールが重宝されるのだが、
寒い地域にいる英国の羊毛も負けてはいない。
まったく服作りの考えや用途が違うから、スーパー40などもあるのだ。

関連:>>英国羊毛の種類
関連:>>サヴィルロウの考え方

良い生地だと何が違ってくる?
 
 
オーダースーツ 生地の表記

ということで、一概にスーパー120の生地だから良い、
というようなことではなくて、原毛の良さや繊維の細さ、糸の細さなどなど、
着用する目的とか、どんな服を作るのか?を考えながらトータルバランスを考えて選んだ方が良い。

それで、良い生地だと一体何が違うのか?ということなのだが、

服にしたときに、シワの回復率、これが一番違うと思う。
こういうところが原毛の良いor悪いが出るところだし、
反発力も違ってくる。
 
反対に、品質が悪い原毛の場合は、色々加工を加えなければ、反発力がない。
そう、防シワ加工って書かれた生地・・・それは裏を返せば品質が悪い原毛だから加工してますよ、という風にもとれるのだ。

良い原毛の生地のスーツは、もともとシワの復元力が高いから、
ハンガーに吊るしておくだけでもスッとシワが消えていくものなのだ。

それから、国によって特徴が違うのだが、
染色もオリジナリティがある方が面白い。
良い色を出せるかどうか?も良い生地かどうかにつながってくる。

関連:>>勝ち組ビエラと衰退する英国生地

同じ織元(ブランド)同じSUPER表記でも、量販店とテーラーの生地は違う?
 

このように表記や数値、ブランドだけで判断してしまうと大火傷することがある。
例えば有名な織元であっても、素材の品質を落として織ることもできるし、
化学繊維を混ぜて織ることもできるわけだ。

また、量販店向けなどの生地と、サルト向けの生地とは完全に別ラインとなる。

シャネルのようなメゾンブランドに置き換えたなら、
オートクチュールコレクションではデザイナーが極上の素材で、練りに練ってデザインした服を作るのだが、
実際に店頭に並ぶ(プレタ)のはもう少し売れ筋の、いわゆる商売として売れるよね、という服が並ぶことになるわけである。

 
 

まずは信頼できるお店や人を見つける

フランスの街並み

オーダースーツを作ろうとする場合、見本を見てもなかなか完成がイメージしづらい。
ましてや数値に頼れないとしたら、生地見本に触れたときの自分の指の感触を信じるしかない!ということになってしまう。

そこで重要なのが、お店や提案者なのではないだろうか。
信頼できそうなフィッターに要望をぶつけて、かかりつけの洋服屋をもっておくと良いと思う。

仕立てるとしたら、
どんな服がイメージだろう?
まずはぶつけてみよう。

  • ホーランドシェリーの生地
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年1月16日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツの生地

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles