あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

フォックスのオーダースーツ!冬の着こなしはフランネルのチョークストライプで正解

本日はフォックスブラザーズのフランネルで仕立てたスリーピースについてご紹介します。

フォックスブラザーズといえば、10月に同社社長のダグラス氏のトークショーがありました。

代名詞とも言えるフランネル、チョークストライプ。その魅力を再認識したこのタイミングで仕上がってきました。

こちらが見本です。

“チョーク・ストライプ(Chalk Stripe)”
名前の由来は、黒板にチョークで引いた線、あるいは生地の上にテーラーズ・チョークで引いた線
ということで、少しぼーっとしたはっきりしない線を言う。
その、ぼーっとした線を表現するのに最も適した素材がフランネルであるが、粗びた霜降り感をいかに
良い雰囲気で表現するかが素材メーカーの腕の見せ所と言える。

メンズ・ウェア素材の基礎知識[毛織物編](大西基之先生 著)より抜粋

私の中で、最も旬なスーツです。

最近はワイドシルエットのものを好んで仕立てていましたが、今回のフォックスブラザーズの生地はスラックスも

1プリーツで標準的なシルエットで設計しています。

肉厚のフランネル、チョークストライプのこの雰囲気、、、さすがの風合いです。

シングル3つボタンの段返り

ジャケットは、シングルの3つボタン段返り仕様。

チェンジポケットも付けず、シンプルなデザインです。

水牛ボタンを合わせ、裏地はパープル、少し派手すぎたかな?とも思いましたが、、、どうでしょうか?

ベストはショールカラー

フォックスブラザーズのタグは少し大きめです。

ベストはショールカラーのダブルブレスト。

太めのショールカラーが、フランネルの重厚な雰囲気ともマッチしています?でしょうか。

シングルベストとの違いのひとつに、フロントカットがあります。

ダブルブレストの場合は水平にカットすることもでき、股上が深めのスラックスとも非常に相性が良いです。

(脚長効果も期待できます、、、。)

パンツはベルトレス仕様にサイドアジャスターを付けました。

肉厚の生地にサイドアジャスターは、実用的な部分ではあまり効果はありません。

デザイン的な要素が強いですね。

1プリーツに、裾はダブルで少し広めの5cm。

いかがでしょうか?

本格的なフランネルは今回が初めてでしたが、フォックスブラザーズの生地にして正解でした。

これからどんなシャツ、ネクタイを合わせようか、、、嬉しい悩みが尽きません。

定番のチョークストライプに他にも、魅力的な生地が多く揃っているフォックスブラザーズ。

みなさんもこの冬の1着にいかがでしょうか。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2018年12月6日
ファッションアイテム | オーダースーツ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly