オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ストールの季節

ストール
ついに10月、レイヤーコーディネートが楽しめる季節を前に、胸が高まる。
明日からは新しいクルーも迎え、
新しいスタート。
秋らしくストールを、ソックスと柄を合わせてみた。
お気に入りのカシミア・シルクのポケットチーフもついに登板。

これからの季節はカシミアやウールのストールは数本持っておくと良い。
ちょっと首から垂らしてもアクセントになるし、
ピッティ巻きで巻いてジャケットに合わせるのも楽しい。
薄手で、両先端にフリンジが付いているのがストールで、ロングマフラーとは違う。

Jacket:Dead stock
Pants:Care Label
Tie:Fiorio
Stall:Seaward & Stearn
Pocket chief:ARIANNA

オーダーシャツ 展示会005

今朝は2日連続で早起きして、
4歳息子と料理をした。

昨日はじっくり20分、まず昆布でダシをとり、
さらにカツオで合わせダシ、
信州・松本の味噌を使用した、みょうがの味噌汁に、
ダシを取った昆布と人参できんぴら。
今日はチキンライスだ。

「できたよー」と嬉しそうに息子が目を輝かせる。
よし、食べよう、とリビングに運んだら、
なんとアンパンマンの誘惑に勝てず、食事そっちのけでテレビに夢中になる息子。

まぁいいか、今季買ったジョンスメドレーのキッズ・ニットは、
どういうわけか着たがらないし、子供は無邪気である。

タキシードのサスペンダー

今日は、ここぞというときのビジネスのスーツ、
仮縫いを経て、いよいよ。
アルバートサーストンのサスペンダーを合わせる、
タイの太さとラペルのバランスもパーフェクトだ。

続いて11月の挙式のタキシード、こちらもうっとりするシルエット、仮縫いなし1発OK。
小笠原邸宅での挙式タキシードのフィッティング、
インドでご使用のタキシードの仮縫いと、文字通りあっという間の1日、
これからもう1件の打ち合わせだ。

  • ストール
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月25日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style