オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ロベルトコリーナとフランネルと

%e3%83%ad%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8a

「明日こそ晴れるんですかね、洗濯しなくちゃ笑」
9月に入って雨続きで、今日買いにいったミニバン弁当屋、「まほうのすうぷ屋」店主はそう言った。
9月の日照時間がやけに少ない、とか、なんだかそんな話を聞きながら、
紙・カップにビーフシチューが注がれると、
テレビを観てなくてもなんとかなるな、こうやってタイムリーな情報をみなが教えてくれるのだもの、
などと四国の山村で田畑を耕しながら生活しているような気分になった。
土曜は、待ちに待った、土曜のすうぷ弁当なのだ。

「おまけしときます」と、なんと雨だったからか、
とろーりチーズはサービスとなった。
とろーりチーズは50円のオプションだ、
大盛りオプション50円(週末はしっかり食べたい)のみプラスした、650円であったかいお弁当だ。

写真は木曜だ。
ロベルトコリーナのニットベストにボウタイ、
ひょうきんな4歳息子はセリーヌのパーカーで、
ど、どこへ行くのだろう?という感じの服装だが、実はたこ焼き屋へ。
そして雨続きなので靴の選択肢が狭まる。

食に関しては、どうも一つはまるとそればかりになるのだが、
今、ハマっているのは、たこ焼きだ。

7q6a9951
金曜、先日、パンをくれたアルバイト嶋田くんに、
お礼というわけではないが、ミカフェートのコーヒーをおごる。
小耳に挟んだ話、嶋田くんもドリップしているというから、ならばミカフェートぜひ飲んでみな!と。

そして土曜、
そんな嶋田氏が今日、こっそり教えてくれた話に吹き出してしまった。

彼、嶋田くんは、私のアシストでクライアントの納品に入っていた。
シレッと納品アシストをしていたかに見えた彼のスマートな佇まいとは反して、

「あの、さっき・・・
フランネルのスリー・ピースがあまりにも格好よくて、

つい、、、
いや、あの、、

聞こえるように言ったつもりはないんですが、

着せた瞬間、
・・うわ・カッコいい・・・ってボソッと出てしまいました、

奥様がえってこっちを見て・・・笑」

私は、これまで女子大生アルバイトたちを見てきたが、
嶋田くんのこの一言は歴代一位の可愛い発言だ、と断言できる。
最後は、クライアントから一緒に写真を撮ってほしい、と言われ、
しまった、今日に限って雨を言い訳に梳毛240gの平織りスーツだ・・と後悔をしたが時すでに遅し。

《解説》
ええと、どういうことかというと、
クライアントはオータムウインターまっさかりのフランネルのスリー・ピーススタイルなのに、
私は春か初秋の通気性の良い平織りスーツだったから、
ザ・アンバランス!

そんな雨続きの9月、
明日、晴れたら封印してたコードヴァンでも履こう。

  • ロベルトコリーナ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月24日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other