あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

カシミアのオーダーコートが完成

昨日に引き続き、本日もコートのご紹介です。
 
今期第一号の、カシミア素材でお仕立てさせていただいたチェスターフィールドコートです。
 
カシミアの魅力は、ブログでも度々ご紹介して参りました。
 

オーダーいただきましたT様は、シーズンごとにスーツやジャケットのオーダーをいただく常連のお客様。
 
以前から気になっていたというコート、満を持してオーダーいただきました。
 
様々なデザインがあるのがコートの魅力です。
チェスター、アルスター、バルマカーン、ポロコート、、、などなど。
 
 
今回はシングルのチェスターフィールドコートに。
 
 
ジャケットの型紙をもとに、コートの型紙を起こしていきます。
 
上質なカシミアですので、仮縫いでしっかりとフィット感を確認していきます。
 
ウエストをグッと絞り、カシミアの柔らかなドレープを生み出します。
 
そして、ついに完成! 細かな説明はもはや不要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フロントは比翼仕立て、上衿は同色のベルベットを用いました。
 
着丈は膝下付近の長さ、言葉にならないほどエレガントです。
 
日の光のもとでも、、、
 
 
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
非常に軽い着心地ながら、暖かは充分。
 
そしてこの肌触り、光沢感、、、まさに一生ものと言えるコートではないでしょうか。
 
 
一生物、という言葉が最適かどうかはわかりませんが、良い物を手に入れるということは、その物を大切にするようになります。
 
時にはブラッシングをして、綻びがないかな?と確認する。
 
クリーニングに出す時は、くれぐれも丁寧に・・と念押しする。
 
最初は面倒に思われるかもしれません。
 
でも、愛着も沸きますし、ここぞという時に着よう!という気持ちにもなるでしょう。
 
ダメになったら買い換えればいいか、という発想ではなく、大切にする。
 
それで、少しずつ馴染んで自分の色になっていくのです。
 
良い物は手に入れて終わりではなく、育てるという喜びもあります。
 
 
T様、この度は素敵なオーダーをありがとうございました。
 
末永くご愛用いただけますと幸いです。
 
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年11月21日
オーダーコート | コートの素材

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly