オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
パンとエスプレッソと 表参道の人気パン屋のムーがおすすめ

パンとエスプレッソと 表参道の人気パン屋のムーがおすすめ

パンとエスプレッソと

表参道の裏路地でひときわ賑わっているパン屋といえば、パンとエスプレッソと (BREAD,ESPRESSO &)であり、
私も行きつけのパン屋、期待値を上げてしまうのだが、それでも紛れもない表参道の人気店だ。

パンとエスプレッソと、一風変わったこの名前、日本人に合ったバールを!という想いからパンと本格エスプレッソを楽しめるパン屋で、なんと関西にも出店したというからその盛況がわかる。
パンとエスプレッソではなく、パンとエスプレッソ《と》ということで、エスプレッソと何なのか?

そのパンとエスプレッソとの看板商品、今や並んでも買えないことがある!というパンがムーだ。
なんとも奇妙なネーミングのムーだが。後述するムー大陸とは因果関係がないようだ。

一体このムー、何が人気の秘密なのか?



表参道駅から5分ほど、こんなところに?という場所にパン屋が!

パンとエスプレッソと

パンとエスプレッソと、というパン屋は、表参道駅A2出口から約5分、外苑前からも10分程度の場所にある。
独特の看板が目を引く。

最初はうちでアルバイトしていて、レディース・ドレスを0から作れるという、文化服装学院出身のOに、休憩中食事はどこでとっているか?という質問に対しての答えが、パンとエスプレッソとという回答で、不思議な名前だな、と知ったのを覚えている。たしか2013年のことだ。

パンとエスプレッソと周辺はカフェ街

周辺には、

文房具カフェ 表参道

こちらもユニーク、文房具カフェ。

ロータス 表参道

カフェブームの火付け役と言われるカフェ、ロータス 表参道。

とんかつ まいせん 表参道

とんかつのまい泉。

ブレッツカフェ クレープリー 表参道店

ブレッツカフェ クレープリー 表参道店など、歩いているだけで楽しい、様々な人気店が点在するエリア。

世界一濃いアイス 表参道

老舗はもちろん、新規オープン店も続出している。

表参道のパンとエスプレッソとに到着

パンとエスプレッソと

パンとエスプレッソに到着。

可愛いディスプレイにはところ狭しと30種類以上のパンがあり、以前閉店近くに行った際はほぼ売り切れ状態。
店内はこの日も9割が女性客で賑わっている。

パンとエスプレッソと 看板

イートインでなくとももちろんパンの購入が可能。
外にはテラス席がある。
エスプレッソは300円、ビールもあり、週末はランチセットやパニーニも。

早速重い扉を開けると・・・

なんとも開けづらいドアをオープン。本当に開けづらい、こんなに開けづらいパン屋がかつてあっただろうか?

パンとエスプレッソと メニュー

パンとエスプレッソとの店内

すると、繰り返しだがファッション感度の高い女子率90%の店内。
表参道の裏路地もいいところ、カフェ街の中でも奥地にありながらも店内は満席だ。
具体的には表参道から外苑前に向かってテクテク歩き、あ、ここ!?という場所。

キャメルの四角形、看板商品はムー

パンとエスプレッソと ムー

あった!
こちらがお目当て、並んでも買えなかったことがある、と聞いたことがあるムー、1人3個まで購入可能であり、1人3個までしか購入できない。

が、2個しかない。

ムー
mou
バターをふんだんに使用したリッチな食パン
スライスしたら、まずそのままお召し上がりください

とのこと。
まずそのまま?

金額は税抜きで300円だ。
(2017年3月現在)

ムーというとムー大陸を連想し、雑誌ムーを連想したのは私だけだろうか。
この地球は何度目で、また滅びるのだとか何だとか、1999年のノストラダムスの予言に恐れながら生きていた高校時代を思い出す。
《お金なんて持っていても仕方ない、人生楽しまなきゃ。でも、1999年、何も起きなかったら?》などと悶々と考えていたが答えなど出るはずもなく、テレビでも面白おかしく恐怖を煽り、それに見事に煽られた私は戦々恐々としていたが、結局なんとか生きている。
でも、お金はあの世に持っていけない、というスローガンは私のなかでこの時に刷り込まれ、しっかり仕事しよう、という原動力になっているから、ノストラダムスに感謝してもしきれない。

と思ったら、ムーとはフランス語で柔らかいという意味なのだそうだ、むぅっ。

パンとエスプレッソとオリジナルの紙袋

オリジナルの紙袋がある。

パンとエスプレッソ ムー 食べ方

個人的にはこのフォント文字の文字と文字の間隔が秀逸だと思うのだが、わかるだろうか。
フォントデザイナーはこういうところに全精力を注いでいるのだ、わかる人にはわかるし、よくわからなくてもなんとなくいいよね!と自然と伝わるのだ。

持ち手がショップ・看板でありCIが描かれているところも素敵。

ムーを取り出してみる

出ました、紙袋から取り出したムー。

パンとエスプレッソと ムー

食パンとしては少し小さめ。
みずみずしくしっとり感がある。内面のもっちり感と独特の香りがふわっと伝わってきた。

ムーを軽く焼いてみた

まずはそのまま食べてみては?というパンエスのリコメンドを完全に無視し、こんがりと焼きあがったムー。

ムー パンとエスプレッソと

バターがふんだんに使用されているとのことで、バターをつけずに食べる。
もっちりしていて、バターの甘みが滲み出てくる、申し訳ないけど旨い!
30日カンズメで仕事していた後の温泉のような、至福の瞬間である。

妻に好評だったのはもちろん、5歳からも《このパンが美味しい!》と珍しくはっきり・くっきり・明確に発言があった。なかなか舌の肥えた通な5歳である。

次に、焼かずにそのまま。
手でちぎって食べてみるも、芳醇で美味しい、もっちりだ、焼いて食べた後に実践してみた。

個人的には少し焼いて食べた方が美味しいと思う。
だから最初に手でちぎって食べてみて、その後焼くことでさらにウマミを享受するという、もともとのお店側のリコメンドはやはり正しかったといえる。

また、焼いて食べる食べ方として分厚めに切った方がジューシーというか、より幸福感が高いと感じた。
まあ、ムーが並んで買うパンと称されるようになった今、贅沢な食べ方だ。

店舗で提供されているようにフレンチトーストという食べ方もある。

私もパン通ではないが、やはりパンとエスプレッソとのムー、この記事を書いている現時点で、私史上最も美味しい食パンといって過言ではない。
ボットーネ表参道サロンでスーツの受け取りの日は、ぜひパンエスに寄ってみてはいかがだろう。
ムーがあることを祈るばかり。

パンとエスプレッソと 表参道

こちら16時、ムーどころか、ほとんどのパンが売り切れの日も。

売り切れ

もちろんパンエスのその他のパンも美味しい。

アマンディーヌ パンとエスプレッソと

アマンディーヌ
自家製ラムレーズン・アーモンドクリームをのせて焼き上げました
¥190(税抜)

パンとエスプレッソと

今後も少しずつレポートしていこうと思う。

パンとエスプレッソと (BREAD,ESPRESSO &) 表参道の情報

パンとエスプレッソと

パンとエスプレッソと (BREAD,ESPRESSO &) 


住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-4-9
ジャンル:パン屋
8:00~20:00
03-5410-2040
月曜定休
最寄駅:表参道

  • パンとエスプレッソと ムー
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年3月22日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles