オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

江ノ島のBar d(バード)というバーへ 喧騒から離れた異空間で飲むシングルモルト

松はじめです。

スーツやジャケットを羽織ると、気の合う仲間とオーセンティックなシガーバーなんていいですよね。

今日はバーには違いないんですが、ちょっと不思議な場所にあるバー、Bar d(バード)というお店をご紹介したいと思います。

この記事の目次

そのバーは、東京から1時間ほど足の伸ばした神奈川県の江ノ島にある。

江ノ島といえば海水浴にマリンスポーツなど海を連想する。

また水族館に温泉などの施設も充実していて、家族連れやカップルにも人気のスポット。

そんな江ノ島エリアに、大人の雰囲気が漂うバーを発見した。

ぜひ新宿から特急ロマンスカーに乗って訪れたいバーである。

江ノ島のBar d(バード)というバー

Bar dと書いて、バードと読む。

バードの入り口にはBar dと書かれた洒落た外壁。

小田急・片瀬江ノ島駅の脇の川沿いに、一軒家の1階のバー バードは佇んでいた。

江ノ島 Bar dのチャージは500円。

オープンはバーとしては早めの15:00からになっている。

Bar dのエントランス。

ボトルが並んでいるディスプレイも、どこか江ノ島の海を感じさせる。

それではBar dの中へ。

Bar dの店内は江ノ島とは思えない雰囲気

Bar dの中へ一歩足を踏み入れると、江ノ島とは思えない空間が。

1枚板のバーカウンターに並ぶウイスキーやリキュールの手前には、ホワイトディナージャケットを着たバーテンダー。

まるでガンジス河のような江ノ島の賑やかな海辺からは、まったく想像もつかない江ノ島のバー。

隠れ家という言葉で集約してはいけないくらいの、本格的なバー。それが七里ヶ浜ではなく、まさか片瀬江ノ島駅という数々のランドマークの入り口の脇に、ひっそり存在していたのだ。

バーカウンターの背後には、存在感のあるラウンジチェアが並ぶ。

Bar dの店内は暖かみのある木の床。

忙しく国道を走るトラックやミニバンたちの音も、4人組のサーファーの笑い声も聞こえてこない。間違いない、大人の江ノ島の聖地と呼ぶに相応しいバーだ。

入り口付近から見たバーカウンター。

そして私がもっとも驚き好きなところは、Bar dのターコイズブルーの壁面。

ターコイズブルーとアンティーク家具が調和した空間は、見た事がない・・・。この色彩感覚。江ノ島の夕暮れ時に光が差し込んだ壁と家具の陰影が想像できる。

奥のランプもムーディー。

さりげなく飾られた楽器。

ミッドセンチュリーの家具が良く合う空間。

そしてテラス席もあるので、夕暮れの心地よい海風を感じながら一杯、というのも一つ。

ということで、リバーサイドに座る。

Bar dにはメニューがない

なんとメニューはないとのことで、私はタリスカーをオーダー。

フランスでオペラを観た時のガルニエ宮の、トマトレッドの壁面と対照的なターコイズブルーの壁を眺めていると、樽の香りがふわっと届いた。

タリスカーの注がれたグラスは曇り一つなく、ジャズの広がるバーの店内で、カランと音を立てて氷はグラスをノックした。

The Whislky Fair  TALIMBURG  24y 1984-2008 52%

TALIMBURGと書かれているタリスカー。心地よい余韻。

タリスカーを飲むようになったのは、友人の影響だ。

27歳の時に、やけにバーが好きな友人は私を連れ回した。彼はメニューを開くと、いちいち私に解説をした。このバーのこのメニュー、このシングルモルトは云々といった説明に始まり、グラスが運ばれてきて、口に含んでからはグルメ番組の実況中継のようだった。

私は1つ決めるとほぼ同じものを頼むのに対して、彼は常に新しい挑戦を忘れなかった。

こうして彼の口に含まれた酒たちを、私は飲んでもいないのに彼の説明で味わうことができた。彼は、俺は酔うためには飲まない。味わうために飲む。と言っていたが、味わい続けて最後は私が肩を貸すことになる。

ある日彼は、グレンチェックのスーツが欲しい、と言ったので、私は彼のスーツを誂えることになった。生地選びはウイスキー選びのようにスムーズにはいかず、悩みに悩んだ挙句に最初に良いと思った生地に戻って、決定した。

細かなディテールは私が提案した。彼は1つ要望を言った。ネームに、オーバンと入れて欲しいと。それはスコットランドのハイランド地方に蒸留所がある、彼のお気に入りのウイスキーであることを知った。

彼は私にはまだオーバンは早い、と思ったのだろうか。それとも私の好みを観察していたのだろうか。個性的でスパイシーなタリスカーを勧めてくれたというわけだ。

まとめ

江ノ島にある本格バー Bar d(バード)は、都心からわざわざ特急に乗ってでも行きたいバー。

こんな素敵なバーが江ノ島に出来ていたとは、という感じ。

カクテル、ウイスキーなどを中心のラインナップで、お酒が良くわからない方でも親切・丁寧にバーテンダーが教えてくれる雰囲気だった。

素敵なジャケットを羽織って行ってみては?

Bar d お店情報

神奈川県藤沢市片瀬海岸2-8-15

TEL:0466-53-9099

定休:水曜

営業時間:15:00~24:00

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月27日
グルメ情報 | バー
タグ:

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles