オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

パーティと披露宴の列席スーツと

鎌倉の寺
本日は台風直撃で、予定していた11月のパーティに向けての生地選びに影響が出ないだろうか、と心配していたが、
まったく問題なく遂行された。

「予約しておりました、Kです」
今日は、はじめてみる付き人の方、2人を引き連れていらした。

11月のパーティに向け、
まず1着、ビジネススーツを夏前から作っている、仮縫いを入れて。
それがまもなく納品となるわけで、さらにそのフィット感を加味しながら、いよいよ本番、
あるパーティに向けての1着のお仕立てとなる。

メディアも含め、それ相応の方々が集まることは推測できる、
今回ご提案したイタリア素材、SUPER160’sのネイビーの1着、間違いない。

そして、こちらも11月、
モヘアバラシャの黒で、
披露宴に列席される歴史ある企業の代表の方だ。

ありがたいことに、たくさんの大切な場面でのオーダーをいただき、
それに応えるべく、
しっかりと自分を一層に高めていかなければ、と思い、
ふと鎌倉の寺に行ったときの写真を採用した。

カシミア チェスターフィールドコート
そろそろ、コートのオーダー打ち合わせも入ってきて、
秋の結婚式の、オーダータキシードは納品が続く。

「この日を、楽しみにしていました」と言われる。
フィッティング・ルームに案内し、タキシードのパンツを履いたK氏が出てきた。

「感動しました、、」と、言葉少な目なK氏は、そう言った。
ウイングカラーのシャツのカフに、黒のオニキスのカフリンクスを通しながら、
「パンツが、ですか?」と聞いた。
ジレを着せるしぐさをしたら、K氏が右手を挙げた。
「そうです、違いますね」

クライアントのジレの、くるみボタンを、1つずつ留めていく、この瞬間、
いよいよ舞台を前にこちらまで鼓動が高鳴る、
いつもこの緊張感、この瞬間が大好きだ。

  • 鎌倉の寺
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年8月22日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | CUSTOMER