オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

大西基之先生の講義と恐ろしい夢と

大西基之×ボットーネ
BOTTONE表参道に、大西基之先生にお越しいただき、講義。
テーラーや服好き、新人クルーたちも、目から鱗だ。
そして講義も、まさに鱗(羊毛のスケール)についてや、アルパカ、モヘア、ホワイトカシミアに実際に触れながらの90分!

大西基之×ボットーネ

大西基之×ボットーネ
これが顕微鏡で拡大した様子。
私たちの髪の毛同様、スケールがあるから、指でなぞると、ある方向にはつるんと通るが、反対に触るとひっかかりがあるのはスケールが関係している。

このスケールがあることに重要なのだ。

%e5%a4%a7%e8%a5%bf%e5%9f%ba%e4%b9%8bx%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%80%80%e3%80%80%e3%80%80
大西基之 先生のメンズウエア素材の基礎知識講義 第四回を受講して(小寺)

哲学を持って仕事をして欲しい(嶋田)

講義の内容も今後のブログにて一部アップ予定。
一部というのは、

1:脱線コーナーが多い

《あ、松さんこれ書いちゃう?》
《松さん、書かなくていいから、ここ笑》
《ちょっと脱線していい?書かないでしょ、これは?》
という脱線コーナーが多いこと。

2:濃すぎて文章が追いつかない

もしこれを全て文章にしたならば、書籍化できるだろう。

それにしても、毎月この日が楽しみだ。
そして、毎日が恐ろしく楽しい。
恐ろしく。
そう、恐ろしいといえば・・・

%e5%a6%96%e6%80%aa%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%83%81
まずは昨夜息子と描いた絵。
ジバニャンは許せるレベルとして、ウィスパーが恐ろしく風前の灯だ。
そして、朝、恐ろしい夢を見た。

ハッ!夢か・・・
本当に夢で良かった、なんと恐ろしい夢だったことか。
朝、目が覚めると、冷や汗いっぱいであることに気づく。
夢は記憶していないのだが(普通はそうだ)今日は飛び起きた。

どうやら、とあるパーティーに参加していたようで、
スーツとタイの組み合わせがひどいのだ!
タイは妙に赤い。

もう一本持っていたタイも絶望的で、
こんなスタイルでどうやって過ごせば良いのだ・・・

そうしたら、さすが夢だけに、
次々色々な服や小物が出てきた。
ところが、今日に限ってはどう組み合わせてもうまくいかない・・・
周囲の装いやパーティーの雰囲気はまったく覚えていないのだが、
とにかく決まらない!

そんな恐ろしい夢を忘れるために、
今朝は愛車(電動自転車)のモードを強にして、
いつもよりもすっ飛ばして、息子をプリ・スクールに連れていく。

前には1歳娘を乗せて。
帰り道はカルディに寄って、マンデリンを挽いてもらった。
早速台所に到着したら、ハサミで袋の上の方を切ったら、
ふわっとコーヒー豆特有の香りに台所は占領された。

ドリップして、また、香りを楽しむ。
良い香りだ、
でも、忘れられない、恐ろしい夢だ(笑)

アランペイン
お休みはアランペインのタートルネックを、
息子と一緒に磨いた靴に合わせて、ご飯(たこ焼き)食べに。
近年見たことがない素直な若者が入って、素敵な講義も実現して、日々感謝でいっぱいだ。

  • 大西基之×ボットーネ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年10月7日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Event