オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
イベント

今年に入って社内で起きた出来事ベスト4

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

松はじめです。

早いもので、もう2月も中盤になりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょう?

春の生地も揃ってきた表参道サロンですが、社内でもいろいろなことが起こっています。

そこで今日は、1月から2月中盤まで、何があったのか?を発表してみたいと思います。

この記事の目次

第4位 雪が降ってもチェスターフィールドコートがあれば問題なかった

雪が積もった日、ありましたね。

寒かった?

いやいや。

私は雪国の出身、このくらいの雪、へっちゃら、

ではなく、カシミアのチェスターフィールドコートのお陰で寒さとは無縁だった。

ところで、革靴は滑りやすいので注意が必要だが、私の地元は雪が多いため、この季節スーツに長靴を合わせる。

どの企業にいってもそれが当たり前の光景だった。
私もなんの疑いも持たずにスーツに長靴だったのだが、東京から来た支社長があまりにも驚いていたので、それが異様な光景だったんだ、と気づいた。

今では考えられないけど、雪国だから背に腹は変えられなかったのだ。

第3位 1月は新年会をしたが、結局個々にしゃべっていて普段と変わらなかった

新年会

大手の企業の感覚だと、一人中心人物がいる。

それでその人の周りを囲んでいたような気がする。

その人が何か発言したら、そうですね!そうですね!とうなづく構図、これは私は苦手なのだ。

1着1着、1人1人、じっくりと対話をしたくて、集まっている人たち。

そんな会社だから、新年会でも1対1だった。
基本、マンツーマン、横の人と話す。

普段の会話じゃないか?と思ったけれど、たまにマンツーマン対象が入れ替わる。

横の人とマンツーマンで話していたかと思えば、今度は前の人とマンツーマン。
で、横の人は別の横の人とマンツーマンに自然とチェンジする方式になっていた。

磁石みたい、と思った不思議な新年会の光景だ。

第2位 サロンに簡単な受付スペースが増えた

これまで、表参道のサロンでは、微調整のご依頼をいただいて、すぐにお渡しができるような件であっても厳密に予約をいただかないと対応できないような状況があった。

特に週末、たくさんのご予約をいただく。

コンシェルジュはピンを打つことに集中しているため、なかなかこのちょっとの対応がしづらい。

そういうことでみなさまをお待たせしてしまうこともあったのだが、キープしていたアイテムのお渡しをするためだけのゾーンを設けて、できるだけスムーズにご案内ができるようにした。

第1位 コンシェルジュの紹介ページができた

コンシェルジュ

なぜ今までなかったページなのか・・・

と疑問が残るのだが、なんとアルバイトクルー小山の意見で実現したのだった。

美容院とか、スタイリストさんの紹介があるじゃないですか?

それで、作ってみました。と。

小山はイラストレーターが使えるため、ぱっぱっとページを作ってくれるのだ。

コンシェルジュたちは何を感じていて、何を大切にしているのだろう。

いい服を作りたい。

語れる仕事がしたい。

スーツにこだわりを持ちたい。

何か感じてみんなこうして集まっている。

服を着るということは、全部自分のためじゃない。

誰かのために装う。

その場のために装う。

そういう気持ちや、洋服の文化を大切にしていきたい。

そういう私たちが伝わったらいいんじゃないかあと思って、アルバイトクルー小山の企画に大賛成となった。

1つだけ難航したのが、クールなキャラである中之丸の笑顔撮影が困難を極めたことだそうだ。

コンシェルジュ紹介のページ

ということで、コートのご納品が続く中、春スーツ&ジャケットの打ち合わせも続く表参道サロンからお届けしました。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年2月20日
イベント | ボットーネの日々

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles