オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

クルチアーニとメジャーリングと

ジャケットとタートルネック 着こなし

この季節は一枚でも暖かいカシミア混ジャケットがあると何かと重宝する。

日中、ちょっとオフィスを出て、ランチに行く時にコートは要らないかな、というような時に。

定休日はクルチアーニのタートルネックに、ダブルモンクの靴は明るい茶で軽やかに。

火曜日は社内でメジャーリングの講義を行った。

メジャーリングは簡単そうだが、様々なポイントがある。

まず、美しくなれけばならない。

スッと引く、という表現がしっくるくる。

そして、クライアントが心地よいリズムと、力加減がある。どこにどうメジャーを乗せ、どのくらいのスピードで、ただ計測するのではなくて、上手い板前の花板が刻む包丁の発する音のような、心地良さが必要なのだ。

基本的には自分自身でコツを掴むもの。

動きには、全てに意味がある。

裄丈を測るとき、肩のポイント以降、スッと自分が動く、右に動かないと、メジャーを押さえる左手がクライアントに体重をプレゼントしてしまうのだ。

この講義では、私は実際に測るところを改めて見せたのだが、ほとんど何もコツを話していない、自分たちで考えてみぃ、やってみて、疑問が生まれる、そうしたら仮説を立てて質問してみなさい、という私からのメッセージである。受身では何もまなへない。

金曜からはクルー同士、朝トレをするらしい。

今日は12月の段取りをしっかり組む日だ。

  • ジャケットとタートルネック 着こなし
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年11月30日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other