オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

講義と蕎麦と

松はじめです。

大西基之先生にお越しいただき、2ヶ月に1度ボットーネで開催しているメンズウエア素材の基礎知識講座。

テーラーやスタイリスト、ショップスタッフやマネジャーの方が正しい素材の知識を学ぶ講義で、今年で3年目となります。

昨日の講義、そして都内某所へ大西先生と行ってまいりました。そこで見た驚きの光景とは・・・

前半は、糸の講義。

紡毛(ぼうもう)と梳毛(そもう)についての違いから。

紡毛は、糸を作る過程がいい加減、それが味になっている。

ツイードなどの織物を作るには、この紡毛の糸が必要になる。

ぐじゅぐじゅっとしてる糸じゃないと、ツイードのようなこの雰囲気はでない。

みなで紡毛糸を手にとって観察する。

今回は関東近郊から新しくご参加されたスタイリストの方も。

紡毛は、日本でいう紬(つむぎ)みたいなもの。
ツイード生地でホームスパンという言葉がある、これは家(ホーム)で紡いでいたということなのだ。
 
つまり、紡毛の織物は個人でも作ることができる。
 
それを機械化しているのが現在だ。
 
染めも、草木などの天然染料を使って染めることができる。

紡毛は、英語ではウールン。

ウールンは、紡毛のことと、毛織物全体の仕事のことも指す。

ウールンブローカー、ウールンマーチャント、ウールブローカーなど、織ったものを扱う人を、ウールンという。

日本では羅紗屋。

梳毛糸が配られる。

梳毛と紡毛を並べてみる。

18番単糸と、32番双糸。

梳毛(そもう)は、梳(くしけずる)という字のごとく、繊維にクシを通すことで一方向に。

梳毛は大掛かりな設備がないとできない。
 
 
 
梳毛糸の製造工程。
こちらは糸繰り。
経糸を必要な長さや色に揃え、製軽機のビームに巻き取る前段階の装置。
 
 

糸繰りから引かれた糸、約300本。

 
 
織元の様子はこちら
 
 
 

講義は続いて組織。

織物は、基本的には3つの織り方で織られている。

平織り、綾織り、朱子織(繻子織)の3元組織。

組織がないと作れない、まさに設計図なのだ。

平織り。

こちらは大西先生が作った模型。

平織りは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が交互に1本ずつ交差している。

しっかりしていて、スリップしにくい。

スーツでは、トロピカル・ポーラーなど。

2本ずつ交差させると、マット。平織りの変形。

この他、1本と2本で交差させる畝(うね)もある。

綾織。

いろんな変化ができるのが綾織。

ツイルウィーブとも呼ぶ。

こちら、2本飛ばして2本もぐり、2/2(ニチニチの綾)という。

角度も45度になる、2本2本だから。

1/2の綾。

ビジネススーツなどで年間通して販売されているのがこちらの綾織。

違いがおわかりだろうか?

3/1の綾。

こうして、後半は着こなし術に続く。

あっという間の3時間、業界や素材に関心を持った皆様との濃密な時間である。

本日は大西先生とランチをご一緒に。

蕎麦、しろう。

表参道と外苑前のちょうど間くらい。人気パン屋のパンとエスプレッソとの近く。

以前は割烹だったが、現在は蕎麦屋。

蕎麦切り2種 1000円。

器も味わいがある。店内は壺や小道具も凝っており、海外のゲストをお連れするのも良いお店。

蕎麦つゆを入れて、2種を。

東京都渋谷区神宮前3-5-1

電話番号:03-5414-2311

11:30〜22:00(L.O.21:00)

定休日:木曜

こうして、大西先生と都内某所へ!

そこで見た驚きの光景・・・

次回お伝えします。

あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年8月8日
ライフスタイル | 編集長の日々

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles