オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

点と線とラーメンと

採寸とは、点。
身体の、ある点を計測するにすぎません。

もちろん、それが大切ではない、というわけではないんです。

ただ、洋服にとっては、線。

点と点、それを線で結ぶ。

その線が、男性的なのか?女性的なのか?

直線的なのか、曲線を生かすのか。

強く主張があるのか、柔軟でしなやかなのか。

点と点、それを線で結ぶことの方が難しく、大事です。

線、つまりシルエットが大事。

そんな、点と線についてよく説明するフレーズがある。
服飾業界にいる人でなくても、スティーブジョブズも言っていた。
やっていることは、点かもしれない、いつか線になるのだ!というようなスピーチを。

そんななか、私が実は頻繁に訪れる銀行や取引先があるエリア(下北沢)を歩いていたところ、、点と線という看板が!


なんと、その名の通り点と線。
看板にはスパイスラーメンという文言が。

看板の先を見てみると・・・


この先に点と線が??

しかしどうしても気になった私は衝動を抑えられずに店舗に行ってみることにした。


こちらが点と線に繋がっている階段。
どう見ても古めかしいビルだが、点が線になるのならば!と進んでみることに。


Ten to Sen。
確かに、ここが点と線のようだ。
OL2人が出てきたので、女性にも人気のスポットに違いない。


スパイスラーメン、点と線とある。
スパイスラーメンだったことの重みにここまで来て気づいた。
辛いのかな?


手書き看板。

大切なお客様へ、というメッセージから始まっている言葉に、ホスピタリティを感じてしまう。
北海道、札幌のスープカレーのお店の技術を生かしてラーメン店をオープンしたのだそうだ。


お昼の営業が15時までで、私が入店したのが14時40分くらい。
入って大丈夫ですか?と訪ねたところ、大丈夫です!と歓迎していただいたので入ってみたところ、店内は私だけであった。

落ち着いて食べることができるが、おそらく休憩の時間などもあったのだろうに、、ちょっと申し訳ない気持ちに。
入れていただけたことに、心から感謝!


メニュー表がこちら。
スパイスラーメンが中心。


この季節限定のメニューも。


こうしてラーメンが登場。


具がいっぱい。


半熟卵、きくらげ、さらにはゴボウまで。

想定していたよりは随分と辛くなかった。


レモンも!

少しずつ絞ってみたら、スパイスがうまく中和される。
辛さと、すっぱさ、それぞれの強みがうまく機能するとこんな素敵な味に。
こうして点は線として結ばれていくのだ。


中太の縮れ麺が、スパイスの効いた麺にマッチ。

ところで、一体どうして店名が点と線だったのだろうか。
どなたか教えてください。
美味しかったのでま、良いか。


紙エプロンはもらうことができるが、必須である。

今日は打ち合わせを重ねて、未来の仕事もたくさんできた。
誰かの、何かの役に立つ。
仕事をするとは、楽しい。
もっといい仕事がしたい。

そんなわけで、気合いを入れるべく着てきた大切な服はできるだけ汚さないようにしないと(紙エプロンで)。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年1月13日
グルメ情報 | ラーメン

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles