オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

コーデュロイとキャメルとチェックと 冬のスーツスタイル、さて、明日は何着よう?


オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

新年が明けて、昨年から承っていたコートのご納品や、春の結婚式のタキシードやスーツのオーダー打ち合わせが増えてきた表参道サロン。
ネイビーのスーツに、ネイビードットのタイ。
サロンのマネキンはそろそろ春のスーツにシフト。
そして春の生地が早くも入荷を初めていて、ワクワク!

でもまだまだ寒い。

私の地元、北陸では雪が積もっていて、SNSで、かまくらを作った!と写真がアップされていた。
妹が住んでいるニューヨークはマイナス17度になったと連絡が入った。

寒いわけだ!
けれど、オーストラリアは40度を超えたという。
オーストラリアに行くならシアサッカーのスリーピースでも暑いだろうなあ、と回想してみた今日このごろ。

そういえば最近何を着ていたかな?とこの記事では最近を振り返ってみようと思う。


もっとこんなデザイン提案をしてみたら?
こんなおもてなしはできない?
サロンではみなで意見を出し合っている。
クルー中之丸が着ているのはコーデュロイのスリーピース。


外で見てみると、パープルがかっている。
コーデュロイのスリーピースなら、ジャケット、ベスト、パンツとそれぞれ別に着ることもできるし、こんな風にスリーピーススタイルで着てもトラディショナル。
このクタッとした感じがコーデュロイの特徴で、着こんでいくとさらに味が出る。
コーデュロイスーツは中之丸氏と一緒に歳を重ねていくのだ、まさにこれからが楽しみなスーツ。


週に1回、手が伸びてしまう明るいネイビーのジャケット。
色が暗くなりがちな季節なので、少し明るいトーンのブラウンをミックス。


キャメルのコート。
ここ最近は寒いので、フランネルのスリーピーススーツの上にこのコートを合わせるとまったく寒さを感じない。
これはダブルのチェスターフィールドコートで、スーツの上から羽織るならシングルかダブルのチェスターは重宝する。


ブラウンの小物で。


スニーカーでスポーティにすれば、カジュアルにも対応できる優れもの。


グレンチェックスーツなんて、無地みたいなもんだよ。
と、私の素材の師匠 大西先生が言っていた。

「だから、アパレルの企業の就職活動にだって着ていいのにね。」

確かに!
その後、グレンチェックなんて無地みたいなものに思えてきたのだけど、みなさんはどうお考えだろう?

グレンチェックは面白くて、喪服だったそうだ。
喪服じゃあ普段着るのは・・・ということで、英国のある方が色のチェックを追加した。

その孫は、じいちゃんの真似をして、違う色を追加してみよう!と追加した。
チェック柄はいろいろな歴史があるから面白い!

ということで、寒い冬ももう少しだけど、服装も見つめ直してみようか?

さて、明日は何着よう?

・・・・・・・
あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年1月13日
ボットーネCEOのオーダースーツの着こなしブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles