オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

チェルッティのジャケットと日日是好日と

チェルッティのジャケット

ここのところは、チェルッティのジャケットと、フックベントのコーデュロイばかり。
コーデュロイはもちろん三つ揃え、ダーツなし、ミシンステッチの3釦である。

Suit:CERRUTI
Tie:Franco Minucci
Gillet:CARNET
Pocket chief:Calabrese

オーダーの仕事は非常に細かく、繊細だ。

特に週末は予約で埋まってしまうことが多いのだが、
それらのオーダーの素材の手配、設計の見直し、工房との納期の段取りなど、
平日は平日でとても重要だ。
そこにきて平日も予約が多くなってきているので、気が抜けない毎日。

しかし入社したクルーもすくすく育っている。
幸か不幸か、2日前から喉を傷めた私は、メジャーは持てるものの、自由に声が出せない。
ここで・・・あの言葉を・・・と、コミュニケーションを取り合いながら服を作る、
まさにビスポークというくらいだから、会話・対話しながらでないと良い服は作れない。

と、そんな時に、いつも私と入っていたクルーがアシストする。
「ここからは実際に羽織りながらピンを打ちます。今回やや細さを強調した・・・」
と。

細かな言葉のニュアンスや対話については、研修プランはない。
間や立ち位置、空気感とか呼吸、それに感性。
そんな時代じゃない!とお叱りを受けそうだが、
会議室で行う講義でそんなものが伝わるわけはない、全ては現場で、
自ら学ぶしかない。

以前、ナチュラルクリーンの中田代表からも、
社会人になったならば、学習せよ。
教育は、嫌でも教えられる、が、学ぶということは、主体的に、
自ら学ぶもの。
と、そう教わったことがあるが、積極的に学ぼうとする姿勢がある人が強いし、
成長する。

まさか喉を傷めたことからこのような展開が待っているとは、
まさに日日是好日である。

15128964_1387318277975708_1794479704345874732_o
七五三も終えた息子も、学ぶ意欲満々。
最近では「ねぇ、どうして・・・?」を連発する。

先日は、
「ねぇ、どうして雪が残っているところと、残っていないところがあるの?」という質問を受けた。
これはどうも、コンクリートが地面に接し、熱をためやすい性質があるからなのだが、
なかなか回答に困った。

他にも、
「ねぇ、どうして電球に電気がつくの?」というのがあったが、
これも、電子とか何とか用語を出すと、電子って?と直列質問がくる。

しかし、テーラーだからなのだろうか、
間違えた説明や適当なことを言いたくない性分で、
妥協なく説明したいので、はっきり、こう言う。

「よし、スマホで調べて回答する!」

take-ivy
いつだっただろうか、究極の質問を受けたことがある。

「ねぇ、どうしてパパはお仕事に行くの?」というものだった。

私はとっさに、
「使命だからだよ」と答えた、本当にとっさに。

どうして仕事をするのだろうか?
とうことについては、色々な考えがあると思う。

だが、そもそも仕事とは、事(こと)に仕(つか)えることなのだ。
自己満足でもないし、お金を稼ぐためではない。

また、働くという言葉の語源は、
傍を楽にする、つまり周囲を楽にすること、というらしい。

つまり、周囲の人々に喜んでもらうこと、
これが仕事の原点なのだ。
その結果、売上がついてくる。

この仕事に出会い、
様々な方に助けていただき、ようやくここまで来れたわけである。
北陸では梅澤師匠に助けられ、
田舎から出てきて、かじりついてメジャーリングを学び、
パタンナーでもない私にパターンを教えてくださった川崎先生、
素材の知識、ジェントルとは?を伝えてくださる大西先生、
仕事に対する姿勢を指導してくださる中田代表と法子さん、
そして来て下さる紳士の方々に支えられている。

だから、私を含めクルー一同、仕事をしてやってるんだ、ではなく、
事に仕えさせていただいている、というわけなのだ。

時々簡略化して、好きな仕事に出会えたので・・・というのだが、
まぁそれもこれもきっと、そういう使命だったからなのだと思っている。

そんな息子は、さらに突き詰めて質問してきた。
「ねぇねぇ、使命ってなあに?」
さぁて、、なんと説明すれば良いのだろうか・・・。

  • チェルッティのジャケット
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年11月28日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style