オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

自宅でできる!冬コートの襟の変色を防ぐ方法

オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

ボットーネにはクライアントの方々から、または初めての方からメールで質問も頂戴することがある。
こんな質問をいただいたので、回答してみたいと思う。

Q:コートを着て1シーズン過ごすと、衿の裏が変色してしまっていることがある。
何か自宅でもできるようなメンテナンス方法というのはありませんか?

 
冬のコートは、スーツやシャツよりも高価な傾向があります。
それでいて、数着を高い頻度で着ることもありますよね。
大切に着て、何年も着続けたいアイテムがコートです。
今日は、今日はウォータークリーン ナチュラルクリーンのケアの達人、松村さんにお伺いした、自宅で簡単にできるケア方法と、どうして変色してしまうのか?をお伝えしたいと思います。

 

 

関連記事:クリーニングの裏側 水洗いナチュラルクリーンに突撃レポートしてきた

関連記事:プロが語る! 梅雨の恐怖 カビからスーツや靴を守る方法!カビの原因に迫る

汗が皮脂でコーティングされること、それが原因です。

汗=水溶性の汚れです。
ですが、皮脂=油性の汚れなのです。

水溶性の汚れが、油性の汚れによってコーティングされてしまう。

ということで、コーティングというのが原因だ。
ドレッシングを冷蔵庫などで保存していると、使用する前に油が上に分離して浮いていないだろうか。
だから振って使用すると思うのだが、まさにそのような状態なのだ。

原因は、汗が、皮脂でコーティングされてしまうこと
着用した直後、まだ水溶性と油性が混ざり切っている状態の間に、タオルに移すと黄ばみにくくなります。
 

ということで、着用したら、すぐに対応すれば黄ばみにくい。
毎回着用直後の、ちょっとしたケアが効いてくる。

ご着用直後にケアするのがベストです。

コートご着用の直後であれば、少し湿らせたタオルを用意します。
タオルでたたき、汚れをタオルに移してあげてください。

時間の経過とともに黄ばみになって、汚れは落ちにくくなってしまいます。 

できるだけ早く濡れタオル、たったこれだけ

ちなみに、もしも黄ばみが出てきてしまっている方がいたら、出来る限り早くクリーニングに出すことをお勧めする。
汚れは蓄積してしまうと、さらに取りづらくなる。

コートは、ある意味でスーツよりも登場する日が続くこともあるかもしれない。
できるなら何着かコートも持っておきたいのだが、同じコートを続けて着るということや、ローテーションの間隔が近くなることもあると思う。
そういう意味では汚れは早めにケアしておきたい。

また、同じく黄ばみといえばシャツも思い浮かぶが、シャツはコートより消耗度が高いことと、価格もこなれている。
コートは冬にしか着ないし、シャツと比べると価格もそれなりだから、できればケアの頻度を高くして、何十年も着たいもの。
まだ間に合うので、今日からコートもケアしてみては?

さて、明日は何着よう?

あわせて読みたい

梅雨に書いた記事だが、いつだってカビには気をつけたい

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年1月12日
スーツの着こなし術 | ケア

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles