オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

本と刺繍と採寸と

オーダースーツコンシェルジュ 嶋田
「神田須田町の岡昌に行ってごらん、あるかな、まだ数冊。」
大西基之先生からそう教えてもらい、
絶版の村田金兵衛先生の、洋服の全てという本を手に入れた。

私は事前に電話をして取り置いていて、
もう一冊あったので、一緒にいた嶋田くんが、僕も・・と買おうとしたので、
いいよ、サロンに置いておくし読みなよ、と言った。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3%e5%b1%8b

「いえ、ゆっくり読みたいので・・僕も・・」と遠慮しながらもしっかり手には本を持っていた。

今日は急遽、神田へ。
あるクライアントのネーム刺繍を入れるためだったのだが、
せっかくならばあの技を見に、一緒に行こうか、と。

本は、野菜でも買ったかのように、
茶色い紙の袋に包まれ、
袋の口はテープもなく、無造作に折り曲げられ、
「はいどうぞ、まだあるよ、買ってく~?」と語尾上りの甲高い声で店主に言われた。

「いいですね~こういうの。朝の生地屋の方もそうですけど、大好きです。」
23歳嶋田くんはそういうと、満面の笑みだった。

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e5%88%ba%e7%b9%8d
「なんだぁ、さっき女の子から電話だったけど、あんたらかぁ、がっかりだぁ笑」
入ると同時に先制パンチを喰らう、
メゲずに刺繍を依頼。
「ちょっと待ってな、こっちさき入れっから。」と、スイスイ2枚のハンカチへの刺繍を入れ終わると、どれに入れるんだ?と順番がきた。

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a0
「単純に入力して、刺繍されるのではないんですね!??」
ここでも若き新人は感動していた。
ここは刺繍職人の店。
絵や柄だってスイスイ刺繍してくれる。

>>手仕事には訳がある

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e6%8e%a1%e5%af%b83
スーツの採寸
そんな嶋田くんの採寸も終え、彼はいよいよ生地の選定に入る。
やっぱり最初はオーセンティックに、生地はドーメルにしようか、ブレザーに金ボタンか・・
選択肢の多さに方向性も定まらない様子だったが、終始笑みだった。
オーダーメイドの世界は深い。

スーツとザネラートのポスティーナ
今日もザネラートのポスティーナで。
雰囲気を見ようと、スキャバルのチェスターフィールドコートを持ってみる。
いよいよ、重ね着を最大限楽しめる、最高の季節だ。

  • オーダースーツコンシェルジュ 嶋田
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年10月11日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other