オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ブルーノートのジャズライブの服装と、

ブルーノート東京 ジャズライブの服装
今夜はブルーノート東京へ。
お客様からジャズライブのお誘いが来たのだ、
ジャズライブ?

しかも、ギターの師匠の、さらに師匠だそうだ。
そういう先入観抜きで、凄かった、

凄かった。

なんと、昨日、なぜか3名ご招待をいただいた。
昨夜、そこには私を含め3名クルーがいて、これは?と思った、こういうの、何かある。
本当にご縁とは不思議である、計らいがない。

ということで、
フィッティングが立て込む日は着ないようにしている、
かなり細番手のオーダースーツ(ネイビー)の登場である。

タイはマリネッラ、
キャメル素材のオーダーコート、
靴はイルチアの革を使用したオーダー。

ブルーノート東京
お客様はギターを趣味で習っておられ、
そのギターの師匠の、
その師匠が演奏するという。

ジャズライブ

感想としては稚拙だが、
あまりにも感動し、すごい!
それしか表現できなかった、という感じ。
ボットーネ・クルーたちと同じ場を共有できたことにも心から感謝。

日々いろいろな事が起こるが、
感覚でいうと、高速道路を走っていて、
突然曲がり角!
でもナビがなかったから、すごいコーナーを知らず、
カーブを曲がりきれませんでした、はいサヨナラ!

と、なる手前で、
なぜか、ギリギリで教えられた、
すごいコーナーだわ、と。

そうか、次は90度を超えるカーブがあるのか、
と減速できたわけで、
感謝以外のなにものでもない。

ついついぶれる。
こつこつと、いかねばいけないのに、
できると思って二段ぬかしで駆け上がる。
こつこつ、良い服と、みなが安心して働ける環境を。

明日も真北へ!

  • キャメルのコート
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年1月20日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Event