オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
Other

男の服はミリ単位

ソットブラッチョ バッグ マリネッラ ジャケット
今日の服は、モヘアのジャケットにリネンのジレ、タイもリネン。
ブルーとベージュで涼し気に。

先週までのオーダー打ち合わせと納品ラッシュが一段落。
私たちの1年で一番落ち着いているのがこの6月なのだけど、今こそしっかりと準備をするとき。

ボットーネ サロン
クライアントとの打ち合わせ、フィッティングの隙間は、もっぱら研修。
まずは基礎、検品ひとつとっても様々な用語がある。
ピスポケット、クリース、ベルトレス、、それに工房や職人によって呼び名が変わる部位もあるからなかなか難易度が高い。

ボットーネ
ところどころ関西弁(奈良)が混じるアルバイトクルーK。
標準語の敬語を使うようにしているとのことだが、実はこういう方言こそ個性だし、良いと思うよと話した。

さて、男の服はミリ単位でトレンドが変化する。
婦人服のような大胆なデザイン変更や新素材というのは少なく、その分細かなディテールが少しずつ変わってトレンドが形作られる。

例えば衿幅。
0.5センチ細くなった、0.5センチ太くなった、そういう世界だ。
だけれども、素材を断つわずかな誤差、素材の動き、例えば湿度や環境で素材は動くから、何着も同じ服を作ってもブレる。

このブレが面白さではあるのだけど、やってみないと(最終的に服にしてみないと)わからないという難しさでもある。
私は12年この業界に携わらせていただいているけれど、体型×使用環境×素材×トレンドという何百通りもの条件から最適な答えを見つけるというフィッターの奥深さに、まだまだ日々勉強だなと思うことばかり。

生地
平日は英国マーチャント取り扱いのM社W氏がボットーネに来てくれ、秋冬の選定もスタート。

ボットーネ サロン
仕入れ、選定をしつつ・・・
スーツ、ジャケット、コート、ミイラ取りがミイラになるとはこのことで、大人買いする松&中之丸であった。
私の一番の楽しみが、フォックスのフランネル・スリーピーススーツ。
中之丸は、同じくフォックスのネイビー・チェスターフィールドコートを誂え予定。
秋の服の準備も着々と進むサロン ボットーネであった。

メンズウエア素材の基礎知識 講座 ボットーネ
いよいよ6月6日火曜は大西基之先生のメンズウエア素材の基礎知識講座。
しっかり学びを深め、もっと良い提案ができるように。

さて、明日は何着よう?

  • ボットーネ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年6月3日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles