オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

夏の着こなしがパターン化している・・・

ジャケットの着こなし 松はじめ
表参道を歩くと、いつもの土曜とは違った空気が流れていた。
結婚式に向かう前、ドレス姿の女性が久しぶり!と友人と落ち合うあの光景もないし、
それは8月のまっただなかの世間が夏季休暇の時の特有の空気なのだと思う。

そんなことも手伝ってか、
洗いざらいのシャツ・ジャケットに、ケアレーベルのデニムでカジュアルなトーンになった。

ジャケットとマリネッラ 松はじめ
クレリックシャツを着たくなって、最近マイブームになってしまい、
ついつい手が伸びる、オフホワイトのマリネッラのタイ。

夏になったからだろうか、
どうも似たような着回しになっている。

ジャケット着こなし
一つ気に要ると、どうもそればかりになるらしく、
やはりこのマリネッラに手が伸びてしまう。
ヌバックのタッセルローファーが合う季節だ。

ジャケットスタイル 松はじめ
この日は同ジャケットに、コットンのイエローのボトム。
エアコンが効きすぎていたので、羽織っていたカーディガンをプロデューサー巻きにしたら、
差し色が効いた。

ジャケット着こなし
ウール&モヘアのジャケットは、本当に重宝。
ロンドンストライプ・シャツに、ブルックスブラザーズのトラッドなタイ。
白のコットンオーダーパンツは、裾幅16センチで、時々気ままにロールアップして履いている。

グレンチェックのスーツ 着こなし
グレンチェックのスーツに、同じタイをコーディネート。
グレンチェックのスーツを着ると、大西基之先生が、
「僕にとっちゃぁ、グレンチェックなんて無地だから、就活スーツで着たっていいと思うんだけど、なんであんな黒くなっちゃったのかねぇ」と言っていたのを思い出す。

確かに慣れてくると無地みたいなものかもしれない、と思った。
孫にそう言い切れる恰好いい50歳でありたい、とも思った。

ジャケットとジレの着こなし
本当に寒くて、ジャケット+衿付きジレのスリーピースになった。
エアコンが発達した現代社会、
サロンはフィッティングをするために空調強めなのだった。

ネイビースーツとクレリックシャツの着こなし
このくらい遊んでもいいかな、と今季作った鮮やかクレリックシャツも、気が付けばこの季節のお気に入り。
で、タイもマリネッラ。
このスーツは息子の入園式に向けて仕立てたスーツで、
式典なのに茶蝶貝のボタンで遊んだ、なかなか冒険の一着だ。
季節感を出しているという意味ではいっか。

ドーメルのオーダースーツ生地

クローゼットを見渡すと、どうやらあまり袖を通していない服が結構あった。
毎年やってくる、ワードロープ考察だ。
一通り観察して、さてどうしよう、秋冬は、となる。
服好きにはたまらない、オータムウインターがスタートなのだ。

  • ジャケットの着こなし 松はじめ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年8月13日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style