オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

マンダリンオリエンタルホテルの結婚式タキシードのご依頼とプロポーズの話

マンダリンオリエンタルホテル東京
松はじめです。

マンダリンオリエンタルホテルで結婚式を挙げるお二人の、
オーダータキシードのご依頼があった。

マンダリンオリエンタルには、とても懐かしい思い出がある。

友人の結婚式もここで行われたが、
実は妻との思い出の場所でもある。

マンダリンオリエンタルでプロポーズ大作戦

「今日はどうしても付き合って欲しいイベントがある」
私は彼女に、そう言ったら、
「わかった」と言ったので、マンダリンに向かった。
実は、私は前日もマンダリンオリエンタルホテルにいたのだ、ある理由で。

着いた、マンダリンオリエンタルホテルに一歩入ると凛とした空気が流れていて、
ゆっくりと動くエレベーターに乗って、最上階を目指した。
エレベーターのドアが開く、
タキシードは着ていないけど、彼女をエスコートする。
まだ、彼女は何も知らない。

マンダリンオリエンタルホテルのシグネチャーというレストランで

レストラン・シグネチャーにつくと、
彼女はあれ?という顔をした。
イベントか何かかしら?

しかしとびきり眺めの良い席へとエスコートされると、
どうやら状況が呑み込めてきたようだ。
一通りのディナーを食べ、デザートを完食する。

バーの生演奏の曲で

さぁ、ここからだ。
私は一杯飲もう、とマンダリンオリエンタルホテルのバーへエスコートする。
彼女とカウンターの席に座り、バーテンダーがやってくる。
「ジンフィズを」とオーダーする。
彼女もオーダーをして、素敵なところだね、と言った。

2杯目のカクテルが届けれらたそのころ、
マネジャーらしき人が私に目くばせをした。
生演奏の時間だ。

マンダリンオリエンタルホテルのバーに響き渡る生演奏と、リズミカルなジャズボーカルは、
あ、聞いたことがある、という歌もあれば、
知らない歌もあった。
5曲くらいかかっただろうか、

あれ?この曲!
と彼女は言った。
「あ、これはティファニーで朝食をだね」と私は言った。
彼女の好きな、ムーンリバーだ。

ティファーニーのリング

その曲は、ついにサビのところにさしかかった。
その時、きちんとした格好のウエイトレスの方が、コツッコツッとこちらに歩いてきて、
カクテルグラスに入れられた、ティファニーのリングが彼女に届けられる、ケーキとともに。
世間でいう、結婚指輪だ。

もちろん、ムーンリバーと指輪の登場は全て計画通り、
そしてその日、押さえていたマンダリンオリエンタルホテルのスイートに向かった、
これも、サプライズ。

やれやれ、よくこんなプラン思いついたものだ。
思い出が詰まっている、マンダリンオリエンタルホテルでのできごと。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2016年8月14日
ライフスタイル | コラム

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles