オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

オーダージャケット!カシミア混の生地の特徴いいとこどり

鮮やかな色のカシミアジャケット
オーダーサロン ボットーネの松 甫(はじめ)です。

いつも通り予約で埋まった週末、最後のスロット20時からは全国を飛び回る経営者T氏のオーダースーツの打ち合わせ。2013年から懇意にしていただいているクライアントである。

お任せ率も毎回上がっている、嬉しい限り。

さて、やはり9月は秋。
気温がどうであれ秋らしい服を着たい。リネンは8月までと決めている。
カシミア混のジャケット。

ツープリーツパンツ 着こなし
ツープリーツ・トラウザーズにもすっかり慣れてきた。
ただしこの裾の丈に悩み続ける毎日。
数センチ変えながら何本も作っているのであった。

そして、私だけではなくて、中之丸、アルバイトクルーHも同じく営業後にそれぞれ考えている。

・丈をどうするか?
・テーパード具合をどうしよう。
・ウェストコートのラペルはショールかピークか?
・コーデュロイはどう取り入れるか?

みな、服が好きなのだ、
仕事並に真剣だ。

フィレンツェからのネクタイ

あ、届いている。
来季から取り扱いを検討している、フィレンツェのタイがサロンに届いていた。

巻いてみよう。と、思考より先に手が動いていた。
三つ巻きの、なかなか絞め心地が良いタイだ。
ディンプルも良い感じに仕上がる、これは良い。なのに安い!世の中捨てたもんじゃない。
こうしてカシミアのジャケットにも良く溶け込むのだった。

ところでカシミアといえば、10月にボットーネで開催する、メンズ素材の基礎知識講座ではカシミア、ビキュナーなどの素材の講義もあるのだけれど、講師をつとめてくださっている大西基之先生はこんなことをおっしゃっていた。

・・・

カシミアジャケットのカシミア素材って 
カシミアはほとんど高地にいる。

カシミア・ビキュナーも、高いところに住んでて、自分の身をまもるため、

産毛が多くて、それで保温性が高い。

それを人間がいただいて着るものにしている。

・・・

カシミヤ

そう、とても暖かい。
そして、軽い。長時間着ていて疲れない。
さらにいえば、シワになりづらい。助手席にくるくるっと置いていても良い。

もう一つ、独特の色が出る。
羊とは違って、なかなか鮮やかな色に染まってくれる。
冒頭のジャケットもウール単独ではなかなか出せない色というわけだ。

それを人間がいただいて着るものにしている。

この表現が面白い!
そして、そうして生まれてきたジャケットは大切にしようか。

さて、明日は何着よう?

 
  • ジャケットのバッグ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年9月3日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles