あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

ルドローブラントでバーバースタイル!おしゃれな髪型(男性)流行りは美容院より床屋?

松はじめです。

私、初めてのバーバースタイルを体験するべく、 ニューヨークブルックリンに本店があるという、代官山のバーバー、ルドローブラントさんにおじゃましてきました。

最近、おしゃれな紳士が床屋に通っているといいます。

いや、床屋、と呼ぶのは野暮というもの。

それは男性の聖地、心地よい空間と体験ができるバーバーです。

バーバーと美容院、一体何が違うのでしょう?

髭を剃る。

眉を整える。

これは、実は男にしか体験できないことなのです。

今回私は、バーバースタイルを体感すべく、代官山ルドローブラントの門を叩きました。

この感覚・・

いつ以来でしょうか。

ジョリッ、ジョリッとかすかな音を立て剃られていくこの瞬間に、かすかな記憶が蘇りました。

中学時代は坊主で、バリカンで刈り上げたあとのこの顔剃りはセットだった、

その頃は何もわからず寝そべって、されるがままだったけど、

大人になった今、この体験の心地良さが理解できました。

耳などのうぶ毛は丁寧に剃られていき、仕上がったときにはまるで2泊3日の温泉旅行の湯上りのような気持ち。

カットしてくださったのは、ニューヨーク・ブルックリンで修行し、オーナーのラッセルさんお墨付きの馬場さん。

バリバリとバリカンで刈り上げられていきました。

バーバーというとバリカンのみで仕上げる、というイメージもあったのですが、ルドローブラントではハサミも併用します。

日本人の技術力は非常に高いらしく、カットしていただいたマイスターの馬場さんも、その他みなさん修行された方は、

オーナーのラッセル氏も技術面ではまったく問題なし!という太鼓判を押されたのだそうです。

心地よいハサミの音に囲まれ、フェードが作られていく。

大理石の敷き詰められた床材、1920年の雰囲気、ビンテージ感漂う空間。

ニューヨークブルックリンの雰囲気を再現すべく、現地から調達された数々の品。

ブランドプロデューサーのたかぎこういちさんにお話をお伺いしました。

一体なぜルドローブラントを日本オープンさせたのか?

もともと家が床屋だった、というたかぎさん。

床屋は、かっこいい男が集まる場所だった、と語っていらっしゃいます。

もともとファッションと、ヘアスタイルは一緒になっていました。

しかし、いつしか進化を止めてしまった。

ニューヨークに行ったときに、ルドローブラントの名前はおしゃれな方から名前が上がったといいます。

いつか、こんな素敵な店が東京にもできたら・・・

こうして、代官山に日本1号店がオープンしました。

今回、実際にバーバースタイルを体験すべくお伺いして、

驚きの技術とハサミを目の当たりに。

こちらの模様は動画にしております。

後編もご期待ください!

さて、明日は何着よう?

あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

松 甫ライター:松 甫 詳しいプロフィールはこちら>> Twitter Facebook 表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2019年3月16日
ライフスタイル | 編集長の日々

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly