オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

女性の時代

ボットーネ 研修風景昨日、泣いたクルー、

蓋を開けてみれば、しっかり仕事してました。

今日は60パーセントでいこう

先輩小寺クルーの、その言葉に救われた、と完璧主義クルー。
そうそう、まず、やってみる。
いいじゃん、失敗しても。

オーダースーツ コンシェルジュ 小寺のメジャーリングまあ、ふっきれたんでしょう。このラインを超えないと、成長できないし、キャパオーバーです、と言われたけど、キャパって超えてみないとどこがキャパかわからないんです。

お酒もそうです、限界まで飲んで酔いつぶれ、ああ、ここが限界か、とわかる。

わかって、それを認め、超える努力をする(お酒ではなくて)

認め、超える努力をするということは、謙虚であり続けないといけないということです。もうこれでいっか、となった瞬間に、成長が止まってしまうのですから。

以前の職場では、品質を追求されたのだとか。
もちろん品質は大切です。
しかし、品質とはどうやって形成されるのだろう?

上辺の品質なら、
3ヶ月の研修でもすれば、
ある程度仕上がるだろう。

でも、
心は教えられません。

オーダータキシード2それにしても、デービッドブルームが過去に唱えた、経済が発展すると学問への投資額が増え、人件費が高騰し、安さが魅力で集まった海外の仕事が入ってこなくなり、ますます少子高齢化が加速する、という人口ボーナス、人口オーナスという考えに当てはめてみても、

まさに日本は人口オーナス期。

安く、大量の労働人口がいた時代は過去、

今は、いかに機械のできない知識労働ができるか、いかに機械のできない高いコミュニケーション能力を発揮できるか?

そういったことにかかっていると思います。

ダニエルピンクはこれを、ハイコンセプト、ハイタッチの時代といいます。

かつての肉体労働社会では、筋力のある男性が活躍しました。

この知識労働社会では、男女が協力して成果を上げる時代だといえます。

そもそも働く人がいないのですから、誤解を恐れずにいえば、使えるならおばあちゃんでも使え!という時代ではないでしょうか?

さらに、高齢化社会の問題は我が社にも如実に表れています、介護です。

既に2人の介護女子がいます。うち1人はお母様の介護のため、九州に帰ることになり、離職します。

お父様が海外転勤になったらしく、看病したり、お爺様の移動の足となる人間がいないのだとか。

これは男性にもいえることで、大変な時代を迎えていると、ヒシヒシ感じてなりません。

うちも女性が大活躍です。

男子が弱い・・・

女性陣は、本当に良い提案をする、そして、気が利く、良いフィッティングします。

がんばれ、男子!

  • オーダースーツ コンシェルジュ 小寺のメジャーリング
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年11月22日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ