オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

仕事の失敗はどんどんするべき!チャレンジしないとわからない、失敗したら成功に近づくと思う

松はじめです。

やってみて、はっとする。

仕事は、そんなことの連続ではないでしょうか?

ですが、それは一度やってみて、それで初めてわかるものなのです。

逆にいえば、やってみないとわからないからです。

鉛筆が転んだ方に進んでみる

例えば重要な決断をしないといけないとしますよね。

社長なら、それが会社であれば経営に大きく関わることだったとして、考えてある程度答えが出たとしても、結果を見るためにはまず、やってみるしかないわけです。

お店や会社で働いている場合もそうです、何かやってみないとわかりません。

やる前には、わからないのです、うまくいくかどうか。

うまくいくか、失敗するか、よくわからない。

もし、50%50%の確率だったらどうでしょう?

鉛筆でも倒して、倒れた方向に進むべきです。

だって、やってみないとわからないわけじゃないですか。

失敗したら改善すればいい

もし、やってうまくいけばいいし、失敗なら改善すればいいわけです。

改善したらもう同じ失敗しない確率が高まりますね。

一番よくないことがは、これです。

どっちかわからないと悩んで、結局何もやらないことなんです。

その時間はずっと何も生み出さない時間だから、もったいない。

息をすってる間にも、自分の人生は進んでいます。

一人暮らしなら家賃かかりますよね。

経営者である私の感覚からすると、1分1秒ごとにお金がかかる、

だから、悩んでる暇があればあるだけ大損するのです。

20代はチャレンジして失敗する

これは決して経営者だからということではなくて、

例えば20代は、自分は何ができるのか?なんてわかるわけがないのです。

ぶつかって、ぶつかって、失敗して失敗して、

8方ふさがりになった挙句、あ、ここだけはいける!!という1方に突き進んで、

でも違って、、戻って、

そんなことを繰り返してたら、いつしか30代になったらスムーズにできるようになった!そのくらいのものです。

成功の確率を上げるには経験しかない

つまり、

Aかな?Bかな?と迷ったとき、

その成功の確率をあげるのは、、経験です。

その経験は、やってみて失敗した数から得られるから、

やっぱり早くやって失敗重ねた方がいい、ということになるんです。

仕事の失敗のデータをとろう

もちろん私も、これがうまくいかなかったら会社が傾くかもしれない、、というような大事を一瞬で決めて突き進むことはできません。

まずはちょっとテストして、テストして、OKだったらそこを残します。

そうやって繰り返していると、どうしたら失敗するのかな?とわかるようになってくるのです。

いわば、失敗のデータをとってる。

まずやってみる。

失敗は、次うまくいくお母さんみたいなものじゃあないでしょうか。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月20日
ライフスタイル | 働き方

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles